FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第89話『手の目の呪い』 感想

 今回の原作は「手の目」。タイトルどおり、妖怪手の目が敵として登場するエピソードです。
 このエピソード、60年代マガジン版の作品ということもあって、過去何度も映像化されてきた……かと思いきや、実はそうではありません。
 もちろん手の目というキャラクター自体は、「目が手の平に付いている」という分かりやすいビジュアルのおかげか、歴代アニメ版でもよく採用されてきました。第二期を(第一期の続編のため)ノーカンとすれば、欠席したのは第四期のみ。それ以外のシーズンでは常連になっています。
 しかしその登場エピソードを見返してみると――。

 第三期は「妖怪手の目と地獄の餓鬼」に登場。しかしこれ、原作は「手の目」ではなく、「迷路」(鬼太郎作品ではない読み切り短編)ですね。この他「鬼太郎危うし!妖怪大裁判」にも登場しますが、いずれも「手の目」が使われたわけではありません。
 また第五期では、同じく「妖怪大裁判」で敵として登場。他にもいくつかのエピソードに登場しましたが、やはり「手の目」そのものは原作には採用されませんでした。
 したがって今回の「手の目」の映像化は、実は第一期以来だった――ということになります。

 もともと「手の目」という作品は、割りとあっさりした短編です。
 ただ、手の目に手の自由を奪われた少年が殺人を犯してしまったり、鬼太郎が自らの手首を切り落としたりと、結構過激な(とは言えあくまで作風はいつもの水木先生ですが)展開が盛り込まれているので、そのままの映像化は難しかった……という理由があったのではないでしょうか。まあ、憶測ですが。
 しかし今回、第六期にてようやく解禁。やっぱり第六期ですと、この過激さは相性がいいのでしょうかね(笑)。
 舞台はあくまで現代、あくまで第六期の世界観ながら、そこに原作の展開をきちんと落とし込み、しっかり「手の目」のストーリーを第六期ならではの形で再現してくれました。

 ちなみに、主な原作要素がアニメ版でどう置き換わったかをまとめると――。
・少年が手の目に操られて殺人を犯す→要人が次々と自殺
・鬼太郎が自分の手首を切り落とす→指鉄砲による殺人を防ぐためねこ娘が切断
・鬼太郎が見せられた無数の手の目の幻覚→仲間が人間に殺される幻覚

 だいたいこんな感じです。
 一方で、切断された鬼太郎の手が這い回ったのは原作のまま。いやはや、もうこのネタは朝のアニメでは見れないものと思っていましたが……まさかやってくれるとは!
 しかしこうなると、吸血鬼ラ・セーヌの回の時にチャンチャンコで済ませちゃったのが、ちょっともったいないですね(笑)。
 ともあれ今回はだいぶ原作回収率が高く、ホラー要素もきつめで、その辺は僕としては結構嬉しかったです。

 しかし純粋に楽しい話だった――とならないのは、やはりこの不穏展開のためですね。
 第六期ならではの要素として描写される、人間と妖怪の対立。今回はこの溝がさらに深まっていきます。
 ぬらりひょんの暗躍。そして総理の野望――。いや、EDに出だした時点で「あれ?」と思っていたけど、まさかこのオバチャンがストーリーのキーパーソンに昇格するとは。もうてっきり妖怪に翻弄されるだけのギャグキャラだと思ってましたよ(笑)。
 おそらく「妖怪獣」の時の屈辱から、妖怪全体に敵意を抱くようになった……といったところでしょうね。独断で妖怪抹殺政策を進める危険人物になり果てました。
 彼女が成立を狙う「妖対法」は、ストーリー内での会話から察するに、妖怪を無差別に抹殺するものとなるのでしょう。今回は一時頓挫しましたが、公式ツイッターやEDを見る限り、今後も話に絡んできそうです。

 それにしても――鬼太郎作品の中で、人間がここまで妖怪対策に本気で乗り出したケースというのは、なかなか前例がありませんね。
 もちろん個々の妖怪事件に対して、人間が対策会議を開くようなシーンはいくつもあったわけですが……だいたい「どうにもならない」で終わるのが定番でした。
 もっともこれについては、過去のシリーズにおいて常に、「妖怪の力が人間を上回っていたから」という理由があります。警察も自衛隊も相手にならない。いや、場合によっては「妖怪なんているわけがない」と、妖怪の存在そのものを否定し、事件解決に乗り出そうとすらしない――。
 だからこそ、鬼太郎が素直に活躍できる舞台が整っていたわけです。
 しかし第六期では、人間が政府レベルで妖怪の存在を認め、きちんと退治方法まで確立させてしまいました。妖怪・オカルト物の作品ではいくつも例がありますが、鬼太郎シリーズの中では、かなり異例中の異例と言える事態です。
 そして――この異例の中で人間が選択しようとしているのが、「妖怪の無差別排除」というわけです。

 これについて、「政府酷い」と眉をひそめることは簡単でしょう。
 しかし……僕としては、ここで少しリアルな視点で考察してみるのもアリだと思いました。

 第六期において、これまで妖怪による大規模な被害は、何度も起きてきました。そもそも、すでに八百八狸の事件で政府は妖怪の存在を認めていますから、その後無策のまま妖怪を放置する――ということはあり得ません。度重なる妖怪被害に対して、対策を講じるよう動くのは、至極当然と言えます。いやむしろ、対策を講じる気がないなら政府としては失格です。
 まあ、これが別作品なら、政府直属の霊能者組織でも設立されるところですが……(笑)。あいにくそうはならず。
 妖怪に効く特殊な銃を開発し、警察がそれを運用することになったわけですね。
 しかし、これ自体も特に問題ではないはずです。社会の治安を守るのは警察の大事な役目ですし、その警察には、治安を乱す相手に打ち勝つ力が必要だからです。
 ……この考え方を「野蛮だ」と感じる人もいるかもしれません。しかし実際問題、悪意(「敵意」ではなく「悪意」です)のある相手を丸腰で説得するのは無理な話です。ましてや相手は、人間の力を遥かに凌駕する妖怪。となれば、専用の武装は必須でしょう。

 では逆に、「妖対法」の何が問題なのか。
 端的に言えば、善悪の区別なく「妖怪」を一括りにし、理由もなく無差別に、問答無用で抹殺する――という内容に問題があります。
 言い換えれば、実は問題はそこだけです。
 国家機関が妖怪による人的被害を防ごうとする動きには、何の問題もありません。それは、たとえ総理の言動が悪質だったとしても同様です。人間が妖怪を恐れ、国家に安全保障を求めるのは、至極当たり前のことでしょう。
 ただ一方で、妖怪の中にはすでに市民権を得ている者もいます。小豆連合軍やひでり神、何より鬼太郎……といった面々ですね。「妖怪」を一括りにするのではなく、善悪(まあ、その基準は人間側に委ねられますが)によって区別するべきである――。この意識が大事です。
 もっとも、この点に気づいている人間は決して少なくはないはずです。したがって、世論がそのように政治に働きかけることは可能でしょう。
 加えて、武装は抑止力として用い、実力行使は最終手段とすること。……この辺は常識ですね。まあ、現実世界では概ね守られていますが。
 ……とまあ、以上の部分を見直しさえすれば、「妖対法」なるものの成立は可能であり、それは人間と妖怪のどちらにとっても絶望的なものではない――と、僕は思っています。

 ちなみにもっと現実的な視点から考えれば、この総理は狸に日本を売った時点で、とっくに辞任させられてなきゃおかしいんですがね(笑)。
 まあ、それ言ったら身も蓋もないっていう。

 ……というわけで、人間視点から見た「妖対法」に対する一意見でした。
 しかしアレですね。現実の政界もこれぐらい強気に安全保障に取り組んでくれれば、ありがたいんですけどねー。おっと話が逸れた。


 はい、今回はここまで。
 次回は「さざえ鬼」ですね。アイドルってのは、要するにニセ鬼太郎のことでしょうね(笑)。
 楽しみにしています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第88話『一反もめんの恋』 感想

 今回はアニメオリジナル回。一反もめんを主役に据えたエピソードでした。
 しかも今期のもめんが色ボケキャラということで、内容も恋愛コメディ。まあ、展開的にはすごくベタで、一反木綿が意中の女性にいいところを見せて恋が成就するかと思いきや、「私好きな人がいるの」で台無しという――。うん、実によくあるオチですね。
 そんなわけで、だいぶ箸休め的な内容だったと思います。おしまい。

 ……ってだけだと何なので、もう少しいろいろ見ていきましょう。
 今回のゲスト妖怪は古籠火。原典である石燕の本では「ころうか」と読みますが、水木先生の本では「ころうび」という読みになっているので、劇中でも「ころうび」です。
 何気にアニメ初登場ですね。原作でも、たぶんモブ役ぐらいでしか出ていなかったと思います。
 ベースになっている妖怪画では、全身像がはっきりしない上に、顔も真正面を向いていないため、キャラデザを起こすのは結構大変だったのではないでしょうか。
 ……アニメ版の古籠火の姿だけをパッと見て「古籠火だ」と気づける水木ファンは、どれぐらいいるのか。うーん、もうちょっと目と目の間が離れていればよかった気もしますが、果たして。

 そして、鬼太郎の恋愛音痴っぷりと来たら(笑)。
 たぶん第四期ぐらいからですね。鬼太郎がこうなっちゃったのは。
 一応原作では結構恋愛してますし、やることもしっかりやっていたりするので、鬼太郎の恋愛音痴ネタはアニメ版での独自路線と言えそうです。
 またギャルゲーで寝ずに特訓しないとな!

 というわけで、今回はここまで。
 ……って、一番コメントが多いのが古籠火についてという、だいぶアレな感想になってしまった気もしますが。
 いや、べつにつまらなかったってわけじゃないんです。しっかり笑って楽しめるエピソードだったのは間違いないんですけどね。
 普段から濃い話が多い分、今回みたいな内容だとあまり語ることがないっていう(笑)。


 さあ、次回は「手の目」ですね。
 次回予告が不気味感に溢れてます。期待しておきます。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第87話『貧乏神と座敷童子』 感想

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 さて、今回の原作は……原形はほとんどありませんけど、「笠地蔵」ですね。
 鬼太郎達が地蔵に扮して、心優しくも貧しい老夫婦に、正月の餅や注連飾りを贈るお話です。ベースになっているのは、もちろんお馴染みの昔話「笠地蔵」。で、このエピソードにゲスト妖怪として登場するのが、ざしきわらしです。
 ここでのざしきわらしは何か特別な力を持っているわけではなく、ただ老夫婦の貧しさに見かねて、二人を助けるべく、鬼太郎達に相談するという役回りでした。
 バトルの一切ないおとなしい話ながら、そのおとなしさに美しい雪景色が相まって、不思議と印象強く残るエピソードになっています。

 で、アニメ版鬼太郎では、この「笠地蔵」が年末年始の定番として、毎回映像化されてきました。
 と言っても上述のとおり、もともとが穏やかな話なので、アニメ版では「妖花」同様、常に改変の対象になっています。
 基本的にはオリジナル展開の導入に加えて、第一期以外では必ずゲスト妖怪の追加や変更が為されてきました。第三期は貧乏神、第四期は狐と一本だたら、第五期はいそがし――といった具合い。中にはざしきわらしが登場しない回もあります。

 そして今回の第六期バージョンは、第三期以来の貧乏神登場となりました。
 もっとも、ストーリーの内容は完全に「笠地蔵」から離れていたので、一見すると「笠地蔵」なのかアニオリ回なのか分かりづらいですね。ただ、座敷童子の存在に加えて、綾と童子の出会いのきっかけが地蔵のお供え物だったこと。また、時々意識的に挟まれていた地蔵のカットから、やはり「笠地蔵」がベースになっていたものと推察できます。
 その中で貧乏神は、座敷童子とは対となる存在として描かれました。ただし第三期のような敵役ではなく、人間の邪な欲望を抑えつけるストッパーとしての役割を担っていたのが面白いところ。この点、富をもたらすことで人間の心のタガを(童子自身が望まぬまま)外させてしまう座敷童子とは、やはり対照的だったわけです。
 もっとも、どちらも悪意のない妖怪だったのが救いですね。今回は全体的に寓話的な要素のあるコメディとして描かれていたので(喫茶店からショッピングモールに成長するまで、大袈裟なぐらい早かったしね)、座敷童子と貧乏神、両者の性格付けも妥当だったのではないでしょうか。

 それにしても――やはりこの「人間の欲望」というテーマを掲げた回は、たとえそれがオリジナル展開であっても、だいぶ水木感が増した仕上がりになりますね。
 第二期で映像化された『「幸福」という名の怪物』を始め、人間の欲望の際限無さを描いたストーリーは、やはり水木先生の得意としてきたところ。思えば実写版ドラマ「水木しげるのゲゲゲの怪談」の「妖怪枕返し」なんかも、内容は原作からだいぶ改変されたのに、この「欲望」というテーマがきちんと盛り込まれたことで、だいぶ水木ワールドに馴染んだものになっていました。
 今回の第六期版「笠地蔵」もそこは同様で、良き家族だったはずの綾の家庭が、座敷童子のもたらした富によって、あっという間に誤った方向へ暴走していく――という様が、(水木ワールド的な意味で)ごく自然に納得できるものになっていました。

 もっとも、実は綾の両親には、かつて悪徳実業家だったという「前科」があって――という展開は意外でした。なるほど、ここでプロローグに繋がるわけですね。これは上手い。
 まあ、綾にして見れば、いきなり「お前の両親はもともと悪人だったんだ」という事実を突きつけられたわけですから、相当ショックだったんじゃないかと思いますが……。
 そんな綾の悲痛な叫びとともに炸裂する、893の巨大ライター。いや、そのライター何なんだよって感じですが(笑)。
 億単位の金を焼却処分するという豪快なリセット手段に、こいつはリアルでやったら一家崩壊だなぁ……なんてハラハラしながら見ていましたが、さすがに第六期と言えども(?)今回のエピソードではそのようなこともなく。ようやく両親も自分達の過ちを思い知り、綾の一家は貧しくとも幸せな生活を取り戻す――というハッピーエンドを無事迎えたのでした。
 「お金よりも家族の絆が大事だよね」という、ある意味定番の結末ではありましたが、楽しく、テンポよく見れたのは、やはりコメディ回ならではだったと思います。

 それにしても……座敷童子のやつれ顔が、原作のキャラデザに妙にマッチしてて笑えます。
 そういや死神と同じような顔つきしてますな。原作のざしきわらし。


 というわけで、今回はここまで。
 次回は……オリジナル回ですかね?
 一反木綿が主役のようです。そう言えば第六期での主役エピソードは初なのかな?
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第86話『鮮血のクリスマス』 感想

 鮮血要素どこよ。

 はい、今回の原作は「夜叉」。60年代マガジン版初期のメジャーエピソードですね。
 ギターの音色で人の心を惑わし魂を奪う夜叉。しかしその姿は仮初であり、本体は髪の毛の方だった――という展開が、原作からのお約束になっています。

 この「夜叉」のベースになっているのは、貸本版「墓場鬼太郎」の「下宿屋」というエピソード。
 ここでは夜叉は吸血鬼の一種として登場し、同じ吸血鬼である魔人ドラキュラ四代目と、獲物(人間)を巡って死闘を繰り広げました。言わば二人は宿敵同士だったわけです……が、面白いことにマガジン版では、このドラキュラが夜叉の人間態としてキャラデザを流用されていたりします。
 また貸本版の夜叉は、髪の毛状の体を人前に現せないため、鬼太郎の魂を奪って支配下に置き、傀儡として利用していました。
 夜叉に操られた鬼太郎は、バイオリンの音色で人間達を惑わし、誘い出して夜叉の餌食にしました。この辺りの要素が、「霧の中のジョニー」(「吸血鬼エリート」のベースになったエピソード)と結びついて、マガジン版ではギターに置き換わったものと思われます。
 ……とまあ、あれこれ解説してみたものの、やはりこの辺は実際に原作を読んでいただくのが一番ですね(笑)。
 もし未読のかたは、これを機にぜひ。

 で、こんな事情を踏まえての第六期バージョン。
 タイトルに「鮮血」とあることから、もしや貸本版準拠の夜叉になるのか――と内心期待していたのですが、特にそういうわけではありませんでした。
 いや、本当に鮮血要素どこにあったのよ。もしかしてアレですか。最初は吸血妖怪として登場させるつもりだったけど、放送コードとか、あるいは西洋妖怪編とのネタ被りとかの理由で、精気を吸う妖怪に急遽変更された――みたいな事情でもあったんでしょうかね。
 何にしても、今回はホラー回だったようです。公式ツイッターを見る限り。

 ……うーん、しかしホラー回だったかと聞かれると、だいぶ難しい気もします。
 過去の歴代アニメ版「夜叉」と比べても、妖しさや不気味さといった空気がほとんど感じられませんでした。
 どちらかと言えば、怪サンタに延々と追われる様を描いたサスペンスですね。いや、べつにサスペンスそのものが悪いってわけじゃなくて、サスペンスはサスペンスで見せ方さえ上手ければ充分怖くなるはずなんですが……。
 うん、残念ながらそこまでの域には達していなかったっていうか。なんか全体的に冗長だった気がします。
 何より舞台が常に真っ昼間ってのが微妙でしたね。怪サンタがうろついてても怖くない。ていうか、せっかく夜のシーンが映えるクリスマス回でホラーをやるのに、なぜ真っ昼間の話にしてしまったのか。
 あと、自販機の裏に隠れるシーン。まな達とサンタの位置関係が分かりにくかったので、緊張しようにもしきれませんでした。

 思うに、やはり演出の問題でしょうね。
 これまでのエピソードを振り返れば分かるとおり、第六期はホラー演出にかなり力が入っていて、心置きなく恐怖に没頭できるのが良かったんですが……。
 なぜか今回はだいぶレベルダウンしていたという。何でやねん。(^^;
 いや、ホラー描写だけでなく、ねこ娘が夜叉を切り刻むシーンや、事件が終わった後の鬼太郎宅でのやり取りもだいぶ冗長でしたし……。
 今回に限っては、一話分まるまるグダグダだったなぁ、という印象が強く残ってしまいました。

 ちなみに、原作にあったギター要素はありませんでしたね。
 吸血鬼エリートとのキャラ被りを避けるためでしょうか。まあ、サンタがギター持ってても変なので、これはやむ無しかもしれません。


 というわけで、だいぶしょんぼり感漂ってしまった「夜叉」でしたが、今回はここまで。
 次回は……「笠地蔵」かな? 年末年始の定番ネタなので、そうかもしれません。
 ではまた。よいお年を!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる アニメ 妖怪

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第85話『巨人ダイダラボッチ』 感想

 今回の原作は「ダイダラボッチ」。サンデー版の中でもメジャーなエピソードです。
 ダイダラボッチを崇める教団の手によって巨人のパーツが次々と復活し、合体して日本国土を食らい始める――。目玉の片側ですら強大な力を持つこの妖怪に、鬼太郎は脳を直接攻撃するという方法で立ち向かいます。
 過去のアニメ版では、リモコン手が活躍する貴重なエピソードとなった第二期や、今回同様ぬらりひょんが絡んだ第三期のものが印象強く残っています。
 あと個人的には、PS2のゲームソフト「ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚」で、パーツ単位で苦しめられた記憶が(笑)。

 で、今回の第六期版は、門倉という人間キャラをゲストに迎え、「妖怪と人間の対立」という第六期ならではのテーマを絡めながらも、原作の要所要所を忠実になぞったものになりました。
 ねずみ男によって奈落に落とされる鬼太郎や、鍵を奪う一反木綿など、原作を知っているとニヤリとできるシーンがいくつもあったのが嬉しいです。
 一方で、原作にあったボッチ教の信者は、七人同行という妖怪に置き換えられていましたね。
 七人同行自体は水木先生の妖怪画にもあるキャラクターですが、アニメ版での姿は妖怪画のそれとは異なっていました。どちらかと言えば、原作や第三期のボッチ教信者のイメージに合わせた姿であり、敢えて視聴者のミスリードを誘う形になっていたと思います。
 ちなみに第五期では、七人同行と似た妖怪である「七人ミサキ」が、ゲスト妖怪として登場したことがあります。余談。

 あと原作との相違点としては、やはりぬらりひょんですね。
 上にも書いたように第三期にも同様の展開がありましたが、今回目を引いたのはむしろ朱の盆。
 ……いやぁ、強かったですねぇ。公式サイトにも戦闘力が高いと書かれていましたが、確かに。下駄を軽々と弾き、毛針をものともせず、チャンチャンコパンチすら口でガッチリ受け止める――。
 旧作のイメージから一転して武闘派になった朱の盆。このまま必殺の指鉄砲すらも下せる……かどうかは分かりませんが、今後なかなかの脅威になりそうです。

 一方、もう一つの相違点として挙げられる門倉。
 ダイダラボッチに憧れて学問の道に進み、しかしそのダイダラボッチにとどめを刺すことになる――。
 人間と妖怪の共存を夢見る彼に突き付けられた辛い試練。なかなかに切なかったです。
 とは言え、彼の想いが鬼太郎の心を強く動かしたのも事実でしょう。
 「人間と妖怪の共存」という夢が、この第六期最終章でどこまで実現するかは分かりませんが、少しでも明るい結末に向かってほしいと思います。

 というわけで、第六期版「ダイダラボッチ」。
 面白く視聴させていただきました。


 さて次回は――。
 これは……もしや「夜叉」!?
 ついに来ますか! しかも結構ホラーっぽい?
 楽しみにしています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 アニメ モンスター 水木しげる 映画 ゲゲゲの鬼太郎 告知 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ