FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第63話『恋の七夕妖怪花』 感想

 今回の原作は「妖怪あしまがり」。収録された本によっては、「妖怪花」というタイトルに改まっているエピソードですね。
 ホテルの建設によって生息地を奪われ絶滅の危機に瀕した花の妖怪・妖怪花が、少女の姿となって宿泊客の夢に現れ、ホテルを壊させようとする――。そんな事件を発端に、妖怪花の味方についた鬼太郎と、ホテル側の用心棒である妖怪あしまがりとの対決を描いた一本です。

 このエピソードのタイトルが二つあるのは、「あしまがり」という妖怪名が障害者差別に引っかかるから――というのが理由だったようです。まあ、これを具体的に誰がどのように指摘したのかは分かりませんが、いわゆる「言葉狩り」に遭ったわけですね。
 そんなわけで、原作のタイトルは「妖怪花」に改題。アニメでは、第二期はそのまま原作どおりに放映されるも、以降の再放送が全面規制に。第三期ではタイトルに「あしまがり」の名を入れず、登場するご本人も「狸妖怪」「先生」などと呼ばれ、作中・クレジットも含め、本来の名前が一切出ないという徹底ぶりでした。その後、第四期、第五期でアニメ化されなかったのも、このような面倒臭い経緯があったからでしょうね。
 ただ実際のところ、「あしまがり」という妖怪名が特定の障害に関連しているわけでないのは明らかでして。そもそも「まがる」というのは、この妖怪の伝承がある四国の方言で、「邪魔になる」の意味。人の足に絡みついて歩行の邪魔をする妖怪だから、「あしまがり」なんですね。
 近年の鬼太郎本や妖怪本では、あしまがりの解説を入れる際には、上記の方言の件が一緒に書かれることが多く、妖怪周りの皆さんが誤解の払拭に努めていらっしゃることが窺えます。その甲斐あって、原作収録本では「妖怪あしまがり」のタイトルが再び採用されるようになり、今回のアニメでも、狸妖怪が無事「あしまがり」という名で復活。純粋に、良い傾向だと思います。
 今後も創作の場において、こういった「過剰な配慮」が改まっていくことを期待しています。

 ……と、前置きが長くなってしまいました。アニメの方の話に移りましょう。
 今回は妖怪花と言いつつ、登場したのは笹の精こと星華さん。妖怪花をベースにしたオリジナルキャラクターですね。万年竹の精と違って美人です。
 で、その星華と絡む今回の主役は……そう、ぬりかべ!
 というわけで、第六期としては初となる、ぬりかべメイン回でした。
 過去のシリーズにおけるぬりかべ主役エピソードと言えば、やはり真っ先に思い浮かぶのが、第三期の「純情ぬりかべとおしろい娘」ですね。第五期でも「奮闘!ぬりかべ用心棒」や「巨人!ゴーレムの涙」が記憶に残っています。
 そんな数少ない、しかしだからこそ印象強く残るぬりかべ回。その新たな一本となった今回は、まさかのガチな恋愛エピソードでした。

 いや、今回の話が恋愛ものになった理由は、ちょうど七夕の日がオンエアだったから――ということが大きかったのでしょうが、敢えてそこにぬりかべを据えたのは英断だったと思います。
 一見恋愛とは無縁の朴訥な非美男子系キャラクターだからこそ(第五期では妻子持ちだったけどな/第六期でもまなちゃんのストーカーになってたけどな)、こういう美少女とのカップリングは映えますね。
 そして「一夜限りの恋」という切なさもまたよし。僕的には、こういうタイプの恋愛エピソードは大好物です。
 一方で、悲恋だけれども、いつかまた再会できることを予感させる終わり方で後味もよく、ラストで自分をピカピカに磨いているぬりかべが可笑しく――と、素直に堪能できる良回だったと思います。満足!


 さて次回は――「水虎」!
 しかも主婦が主役で、いじめ問題が絡みそう。久々にガチでダークな予感がしますね。
 楽しみにしています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる アニメ 妖怪

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第62話『地獄の四将 黒坊主の罠』 感想

 今回の原作は「黒坊主」。前回の「豆腐小僧」同様、80年代マガジン版からのエピソードです。
 ……と言っても、ストーリー内容はほぼアニメオリジナルでした。そもそも今回の話自体が「地獄の四将編」の節目なので、そこは已む無しですね。ただ一応、黒坊主の「水に弱い」「絵に宿っている」といった一部の特徴は、原作からアレンジされた形で引き継がれています。
 ちなみに黒坊主が初めてアニメ版に登場したのは、第五期の「うわん」のエピソードの時。もっとも、そちらは完全にアニメオリジナル回だったため、原作「黒坊主」の映像化は(原作要素はほとんどないですが)今回が初と言えそうです。

 でまあ、以前もツッコんだんですけど、やはりこの黒坊主という人選ですね。
 名だたる悪妖怪が揃った「大逆の四将」の中で、一人だけ浮きまくりという……(笑)。
 いや、今回登場した黒坊主は実際に強敵でしたし(石動をピンチに陥れた敵は初めてですね)、水質汚染を広めるという極めて危険なやつだったのは間違いないです。それに原作でも、そこそこ強敵です。
 けどね。けどもね。

 鵺!      ←おお!
 九尾の狐! ←おお!
 鬼童!    ←ほお!
 黒坊主!  ←なんでやねん!

 ……ってなりますよ。だって「寝ている人妻をペロペロした」ぐらいしか伝承ないし。黒坊主。
 でまあ、一応手持ちの資料を見たりとかググったりとか、いろいろしたんですけど、黒坊主が水を血に染めた……みたいな伝承は見つからなかったし、特に大妖怪だという情報もなかったので、やっぱりこの起用は謎ですね。
 いったい何が黒坊主をこのポジションにのし上げたのか……。謎は深まるばかりです。

 もっともストーリーそのものは、二年目第一クールの終わりに相応しい盛り上がりでした。
 鬼太郎とねずみ男の関係を軸にしつつ、強敵とのバトル、そして石動との対立が描かれ、四将回収勝負は今回で1対1に。今後鬼太郎と石動の関係がどうなっていくのか。そして残る二将と、彼らを解き放った黒幕はどう動くのか――。
 個人的には、一年目に名無し編を見ていた時よりも楽しみだったりします(あちらは不穏だったりどす黒かったりで、ワクワク感とはちょっと違うイメージでしたからね)。
 あと、忘れちゃいけない「血戦小笠原」も待機している(と信じている)わけですからね。次クールからも期待していますよ!

 ところで「妖怪獣」に登場した女総理が再登場していましたね。
 あの時僕は、敢えて現実の総理に似せなかったことを英断だと思ったのですが、今回そこに時事ネタを絡めてしまったのは、少し気になりました。
 まあ、アニメの中では、「○○ミクスは総理が不正統計を利用して成功していたように見せかけていただけで、実は成功していなかった」という、現実とは異なるパラレルなものになっていましたが。
 ……これが現実そのままだと思っている層もいるのかしら。まあ、普通に生活していれば、金融緩和政策以降、経済状況が改善したぐらいは体感できるでしょうが……。
 もうね、アニメにしろドラマにしろ、ワイドショーそのままのいい加減な政治批判を風刺気取りで持ち込むのは、やめてほしいですね。

 ……と、話自体の水準は高かったのに、ツッコミと不満の方が、文少量が多くなってしまいました。感想書くのって難しい。
 あ、黒坊主の声は千葉繁さんでしたね。第四期のねずみ男です。これは嬉しいサプライズでした。


 というわけで今回はここまで。
 次回の原作は「妖怪あしまがり」。本によっては「妖怪花」に改題されている話ですね。
 ぬりかべ大活躍の予感……。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第61話『豆腐小僧のカビパンデミック』 感想

 今回の原作は「豆腐小僧」。80年代マガジン版、いわゆる「新編ゲゲゲの鬼太郎」からの一本です。
 人間の度重なる森林破壊に怒りを覚えた豆腐小僧が、「食べると体にカビが生える豆腐」を使って人間達に復讐しようとするエピソード。……実はこちらも、以前僕が角川つばさ文庫でノベライズさせていただいたエピソードの一つだったりします。
 「自然を大切にしよう」という分かりやすいメッセージに加えて、豆腐小僧といういかにも妖怪らしい見た目のキャラクター、さらに鬼太郎ファミリー総活躍と、とても「入門編」向きのエピソードだったことから、一巻の第一話に選ばせていただきました。
 最後は和解で終わるところも、対象年齢的にはアリだったんじゃないかなー、と思います。

 とは言え、今回の第六期版は原作要素をほぼ抑え、だいぶアニメオリジナルに寄った話になっておりました。
 そもそも豆腐小僧は、アニメの方ではモブの仲間妖怪として何度も顔を出していましたから、それを原作どおりの敵キャラにするわけには行かなかったのでしょう。
 まあ、第三期の「あかなめ」や第五期の「オベベ沼の妖怪」のように、すでに味方として登場していたキャラクターとの対決エピソードが後から映像化された前例もありますから、その辺はシナリオ次第といったところではあるのですが……。
 しかしもう一点、今回の豆腐小僧のキャラ付けを語る上で、知識として押さえておきたいポイントがあります。

 それは何かと言うと――ずばり、本来の「豆腐小僧」という妖怪の変遷ですね。
 まず水木先生の妖怪図鑑を見ると、豆腐小僧という妖怪は、「その豆腐を食べると体中にカビが生えてしまう」という風に解説されています。もちろん「新編」のエピソードも、この特徴に基づいて創られています。
 そして水木先生の妖怪図鑑と言えば、少なくとも90年代ぐらいまでは、「妖怪を解説した本」のスタンダードでした。だいたいどの妖怪本も、水木先生の著書を参考にしていました。ですから、昭和~90年代ぐらいに妖怪に親しんでいれば、「豆腐小僧=カビを生やす妖怪」という説明文が頭の中に残っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 ところが、そこに転機が訪れます。京極夏彦さんの登場ですね。
 京極さんは「妖怪」という概念を語る上で、この「豆腐小僧」を最も分かりやすい例として、様々な場所で挙げられてきました。
 そもそも豆腐小僧というのは、江戸時代の黄表紙(今風に言えば挿絵付き娯楽小説)の中に見られるキャラクターであって、実際に何か伝承があるわけではありません。「体にカビを生やす」という解説は、実は昭和の児童書の中で創作されたものだった――というのが真相だったりします。
 じゃあ本来はどんな妖怪かと言えば……単に「豆腐を持っている小僧姿の化け物」としか解説しようがないんです。
 豆腐小僧は、江戸時代当時は人気のキャラクターだったようで、様々な作品に登場していました。しかし共通項と言えば、上記の「豆腐を持っている小僧姿の化け物」という一点のみ。作品によっては目が一つだったり見越し入道の息子だったりと、特殊なステータスがあったりもしますが、そこは豆腐小僧の本質ではないんですね。
 豆腐を持って立っている――。豆腐小僧にはこの特徴しかないし、この特徴がなければ豆腐小僧じゃない。そして、この特徴さえあれば豆腐小僧は豆腐小僧たり得る。それが「豆腐小僧」という妖怪なのです。

 ……だんだん豆腐小僧がゲシュタルト崩壊気味になってきましたが。
 ともあれ、こうした京極夏彦さんの解説が広まると、各種妖怪本における「豆腐小僧」の扱いも変わっていくようになりました。
 それまでのスタンダードだった「カビ」という特徴の採用率が下がり、「豆腐を持っているだけ」という特徴がクローズアップされるようになったのです。ですから、妖怪に親しみ出したのが2000年代に入ってからという方ほど、前者よりも後者のような、「豆腐小僧=無害キャラ」という位置づけがしっくり来るのではないでしょうか。
 そして、今回の第六期版豆腐小僧もまた、まさにこの2000年代以降の特徴を採用したものだった――というわけです。

 自らのアイデンティティーを「豆腐を運ぶだけの妖怪」と語る豆腐小僧。一見無意味ながらも自分を卑下することのない彼と出会った、地味なアイドル・ニッケルカナは、自分自身の「意味」を見つけるため、豆腐小僧とともに行動し、親交を深めていく……。
 言ってしまえば、豆腐小僧が無害だからこそ成立するストーリー。さすがにそんなところへ、原作どおりに怒った豆腐小僧がカビを撒き散らかすわけにも行かないので(笑)、ここは「妖怪カビ」なるアニメオリジナル妖怪(?)&ねずみ男にご登場いただいた――といったところでしょうね。
 タイトルが「豆腐小僧のカビパンデミック」なので、いかにも豆腐小僧が何かやらかしそうでしたが……まあ、ここは原作の名残でしょう。

 話自体はギャグ寄りかつ緩やかで、第六期としてはおとなしめ。
 数少ない原作要素の一つだった天井嘗めが、いい味を出していました。
 第二話でちょっと出たテキトーな名前のアイドルがここへ来てフィーチャーされたのは驚きましたが(笑)、そういえばチャラトミさんも同じような感じで主役になりましたし、今後もそういう意外な人間キャラの再登場はありそうですね。
 ……再登場と言えば、チラリとだけ出ていた夏美さん。ご健在で何よりです。


 ということで今回はここまで。
 次回はいよいよ「血戦小笠原」かな……と思っていたら、そうか、ここで四将に戻るのか。
 はい、黒坊主です。果たして原作要素は残っているのでしょうか。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第60話『漆黒の冷気 妖怪ぶるぶる』 感想

 今回の原作は「峠の妖怪」。ぶるぶるが登場するエピソードです。
 目玉おやじがぶるぶるを解説するシーンで用いられた、車が襲われるイメージ映像が、ちょうど原作冒頭のコマを再現したものでした。擬音も運転手の顔もそのままでしたね。
 シナリオそのものはオネショタ回裕太の成長物語としてまとめられていましたが、体内に入ったぶるぶるを風呂に入って追い出すなど、要所要所で原作をなぞる形になっておりました。

 ちなみに、ぶるぶるを追い出すために風呂に入る役回りは、原作ではねずみ男が担当していました。
 そもそも体内にぶるぶるが入った理由が、「毛針で木に磔になっていたぶるぶるを干物と間違えて食べたから」。この辺がいかにも水木テイストですね。
 なお第三期では、ぶるぶるを食べ物と勘違いしたねずみ男が、それを鍋にしてユメコちゃんに食べさせてしまい、ユメコちゃんが入浴する――という展開でした。もちろん脱ぎます。裕太君も脱ぐべきでした。

 一方で裕太君は、ぶるぶるを挑発して自分に向かわせた結果の体内侵入。しかし自らかけ流しを浴びてぶるぶるに対抗するなど、何かと勇気を示す形で困難を乗り切りました。
 ただ、もともとぶるぶるは「人の恐怖心を煽る妖怪」なので、今回「臆病な子供」の象徴として描かれた裕太君には、できれば肉体的なダメージよりも精神的なダメージに立ち向かう形で勇気を示してほしかった……と思うわけです。
 まあ、ここは入浴展開との兼ね合いもあったので、難しかったのかもしれませんが――。今回の裕太君の「勇気」が、無茶と紙一重に近いものだったのは、やはり気になった部分でした。

 一方良かった点としては、まず夜のキャンプ場の不気味さがよく表れていたこと。
 それから、妖怪メガネを利用することで、鬼太郎の左顔をさりげなく露出させる演出。
 まなねえちゃんのハグ。
 ……今回は全体的に平常運転だったこともあって、概ねこんなところでしょうか。 

 余談ですが、ぶるぶるが臆病神とも呼ばれる――という設定は、原典である鳥山石燕の絵に由来するものです。
 ちなみに石燕は、後神についても「臆病神につきたる神也」と解説しています。なので、前回登場した後神と今回のぶるぶるは、ある意味で似た系統の妖怪ということになりますね。どちらも石燕のオリジナルですし。
 まあ、本当にただそれだけの、完全な余談でした。


 ということで、今回はここまで。
 来週は「豆腐小僧」。
 キャラクターとしてはすでに何度か登場済みの妖怪なので、ストーリーがどの程度原作をなぞるのかは未知数ですが、第六期のブラックアイドル(?)こと電池組も絡むみたいなので、だいぶオリジナル色が強くなりそうです。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第59話『女妖怪・後神との約束』 感想

 すっかりギリギリ更新が癖になってしまいましたが……。

 今回の原作は「後神」。二期を除く全シーズンでアニメ化されてきた定番エピソードです。
 後神というキャラクターの外見や、原典(石燕)にある「忽然と背後にいる」という特徴、そして家族全員の失踪というシナリオ――と、だいぶホラー要素が揃っている本作。しかし原作自体は案外あっさりした「いつもの鬼太郎」で、むしろホラー描写を発揮してきたのは歴代アニメ版の方と言えるでしょう。
 で、今回の第六期バージョンは、そんな歴代「後神」の中でも、最もホラーに力を入れた回となっていました。

 二週間置きに発生する、連続一家失踪事件。被害に遭った家に共通するのは、「飛行場が見える」ことと、正体不明の「サボテン」――。
 事件を追う鬼太郎。一方、犯人である後神の魔の手は、まなの友達であるみやびに迫っていた……。

 ……ってことで、またも失踪する羽目になったみやびちゃん(公式サイトでは「雅」に改まってますね)。
 木の子の時と違って、妖怪サボテンに食われるという、だいぶ災難な失踪パターンでした。今後も素敵な失踪を期待しています。←するなよ

 そんなみやびちゃんはさて置き(酷)、今回の見所は、やはり「後神」をサイコホラーとしてアレンジした点でしょう。
 シナリオの直接のベースになったのは、間違いなく第三期の「宵待ち草の後神」ですね。後神が男と暮らすために他人の家を乗っ取り、そこで来るはずのない男を待ち続ける……。これを悲恋物語として描いたのが第三期で、ゴリゴリのサイコホラーにしたのが第6期というわけです。
 脚本家のかたのツイッターを見ると、どうやら他にも各シーズンの要素が取り入れられていたようですね。僕はあいにくそこまでは見抜けませんでした(さすがにうろ覚えだしね)が、ちゃっかり原作の「釘打ち」をやらかそうとしていたのだけは気づきました(笑)。
 原作どおり……と言えば、サボテンを内側から指鉄砲で破壊するのも原作どおりですね。指鉄砲がレギュラー化してくれたおかげだと思います。

 ちなみに散々「サイコホラー」と書いていますが、果たして妖怪の奇行を「サイコ」と表現していいものかどうか。自分でもよく分かりません。
 ただ少なくとも、今回公式で煽っていた「ジャパニーズホラー」とは、また違う気がします。そもそもあの言葉は、まともな定義なんかなくて、日本でホラーブームが起きた時に、みんなで何となく使っていただけですしね。
 ……とは言え、今回の話自体を腐すわけではなく。「二週間経っても男が戻ってこないから、家を間違えたと思って、条件の合う他の家へ移る。そこにすでに住人がいれば排除する」という後神の犯行動機は、狂気の中にきちんとした整合性があって(だからこそ狂気として成立していて)、とても納得の行くものでした。いや、純粋に面白かったです。

 そして、女を誑かし続けてきた結婚詐欺師に訪れる、恐ろしい結末――。妥当な終わり方ですね。ただ個人的には、ここはもっと恐ろしい演出にしてもよかったと思います。
 さすがに真っ昼間のザ・パンティパリティだし、怖さは薄れたなぁって(笑)。


 そんなわけで、今回はここまで。
 次回は――「峠の妖怪」ですね。
 後神からの震々って……これは原典繋がりなのか?
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 告知 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ