FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第50話『地獄からの使者 鵺』 感想

 これは……ぬ~べ~先生!(違

 始まりました、2年目。
 今回から「地獄の四将編」ということで、ストーリーは完全にオリジナルですね。
 ただし新キャラの石動零は、鬼道衆という設定。そう、新編ゲゲゲの鬼太郎の一エピソード「鬼道衆」に登場した、妖怪退治の霊能者集団をアレンジしたキャラとなっているようです。
 というわけで、鬼の手の先生とは関係ありません。たぶん。

 ちなみに鬼道衆がアニメに登場するのは第三期以来。原作での鬼道衆は、八百比丘尼をモチーフにしたと思われる鬼面の人物を頭目としていましたが、第三期では八百比丘尼そのものがリーダーとなり、さらに比丘尼に操られて鬼面を被らされたユメコが「鬼巫女」として鬼太郎に襲いかかる――という内容でした。
 なお、実写映画版「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」にも、少しだけ鬼道衆が出ています。こちらは……見覚えのあるかたが演じていらっしゃいました。はい。

 で、そんな鬼道衆が絡んでいるとのことですが……。
 その力を操るのは石動のみなのか。それとも、他にも鬼道衆のメンバーがいて、今後登場してくるのか。
 気になるところです。

 一方、四将編の第一回でタイトルを飾った「鵺」は、言わずと知れたメジャー妖怪の一体。ただし鬼太郎作品に登場したのは第五期のみで、実は善玉だったという設定でした。
 しかし今回は、しっかり敵として登場するようです。しかも極悪な「四将」の一人――ということは、残り三人は誰なのか。
 いや、これは興味をそそられますね。一番手に鵺が来たということは、このまま日本を代表するメジャー妖怪があと三人来る……とかだと、かなり興奮できるんですが。
 酒呑童子、玉藻前辺りが定番で、ただし鬼太郎作品的には玉藻前じゃなくてチーが来て……とか、妄想が捗りますね。これで全然関係ない面子だったらどうしよう。

 あと、今回登場した鵺は、トラツグミというでっかい鳥を連れていました。一応、配下ということになるんでしょうか。
 ちなみに余談ですが、本来「鵺」というのは、妖怪の名前ではありません。実在する鳥であるトラツグミの異名です。
 我々が今「鵺」と呼んでいる妖怪は、もともとは「頭が猿、胴が狸、手足が虎、尾が蛇で、鳴き声が鵺(トラツグミ)のような怪物」であって、きちんとした名前は存在しませんでした。
 ところがこの鳴き声の「鵺のような」という部分が、いつの間にか妖怪名として定着してしまった――というのが実態です。
 それを踏まえると……今回のアニメに「トラツグミ」なる配下の鳥が登場したのは、ちょっと意味深ですね。もしかしたら、実はこの鳥の方が鵺の本体だった――なんて展開が待っていたり? ムジナを使って陽動作戦を狙う辺り、なかなか策士のようなので、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

 で、その鵺に利用されていたムジナ。原作では「おりたたみ入道」に登場するキャラクターですが、今回は単体での登場。外見は、第四期バージョンに近くなっていました。
 石動に取り込まれてしまったため、あっさりと出番は終わりましたが、今後はその能力を石動が利用することになるのかな?
 ……あと、やられ役ということでは、一つ目坊が、妖怪図鑑からの起用組として少しだけ出ていましたね。実はこの妖怪のモチーフって――おや、誰か来たようだ。

 話変わって、ねこ娘ですが……割りとすぐに元に戻るようです。
 OPでもちゃんと姉さん姿だったから、そんなに長々と子供のままでいるわけじゃないみたいですね。名無しはいなくなったけど。
 あと、花子さんが台詞付きで再登場。ここ、とても大事。
 鏡じじいも台詞付きで再登場。ここも、とても大事?

 ……というわけで。
 ストーリーに踏み込もうにも、まだ始まったばかりなので、その辺は四将や石動の詳細が見えてきてからですね。
 今回はキャラ周りの感想のみに留めておきます。


 次回は、鵺編その2。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第49話『名無しと真名』 感想

 縮んだ!(笑)

 いや、縮んだねこ姉さんについては後回しにして――ついに名無し編完結!
 酒呑童子は関係なかったですね。深読みしすぎました。で、答えは……え、ノツゴ? ノツゴ最強?
 ……いや、ノツゴはあくまで名無しの中にいた本体のデザインモデルであって、名無しのキャラクターモチーフについては、この完結編ではっきりと答えが出たと思います。
 鬼太郎、ですね。ズバリ。

 人間と妖怪の間に出来た子供である、という設定(※)。
 出生時にすでに母親が死んでおり、自身は土の中から這い出てきたというシチュエーション。
 「鬼」というキーワード。
 アイキャッチで敢えて採用された、鬼太郎誕生の絵。
 何より、最後にまなが名づけた名前――。

 こうして見ると名無しというのは、「鬼太郎のパラレル的存在」として描かれていたのだと、はっきり分かります。
 もし鬼太郎が出生後、目玉親父や水木に出会わずに放置されたら、どうなっていたか――。その可能性の一つが名無しであった、というわけですね。
 今回の話の中で、父親を失ったと思い込んだ鬼太郎が放心状態になり、逃げ惑う人間達を無視して街をさまようシーンがありました。従来の鬼太郎の性格からすれば違和感のある光景でしたが、「親と完全に死に別れた状態の鬼太郎」という意味を込めた暗喩だったのでは……と今になって思います。
 まあ、これもただの深読みかもしれませんが。

(※ただし「鬼太郎の母親が人間だった」という設定は、80年代の作品である「鬼太郎地獄編」での後付け設定であり、それ以前は「幽霊族の両親の間に出来た子」という形で統一されていました。)

 もっとも、鬼太郎のパラレル云々は、あくまで「名無しの正体」についてですね。
 黒づくめの怪しいオッサンになって、変なポエムをモソモソ呟いて、時々妖怪達を陰で操って、陰陽師めいたことをして、インチキ外人のふりをして――。この辺の言動というのは、鬼太郎のパラレルだとか赤ん坊だとかは関係なくて、とりあえず黒幕っぽい要素を詰め込んできただけだったように思います。
 ……いや、世間一般の黒幕がポエムでエセ外人なのかはともかくとして。うん。
 ともあれそういう意味では、「名無し」というキャラクターが一年を通して見せてきた振る舞いは、その「赤ん坊」という本質を踏まえると、だいぶチグハグなものになってしまっていた印象があります。個人的には、ここをもっと突き詰めておけばよかったのにな、とは思います。
 あと、姑獲鳥はやっぱり絡ませるべきだったよね。なおさら。


 名無しについてはこれぐらいにして、ここからはまなとねこ娘について。
 やはりねこ娘を死に追いやったことが、大きな精神的ダメージになっていたまな。「自分はねこ娘を倒す必要があった」という正当性を求め、所詮名無しが見せていたまやかしに過ぎない「母親の死」を受け入れようとしてしまう……。何とも悲痛な展開でした。
 そう言えばここにも、「親の死」というキーワードが絡んでくるのですね。意味深です。

 そのまなが鬼太郎の働きかけで心を取り戻し、今度は自分が名無しの母親となって彼に名前を与えることで、名無しの心を鎮める――という流れ。
 いろいろ波乱万丈でしたが、最後はきれいにまとまったと思います。
 で、その中でどうしても、まなの心に「しこり」として残ってしまった、ねこ娘の死……なのですが。

 なんと鬼太郎が閻魔大王に頼んで、復活! ← 予想はしてた
 このことが地獄の四将編とリンクします。 ← これも予想してた
 ちなみにねこ娘は幼女化しました。 ← 予想できるかこんなもん!(笑)

 ……いや、「復活した時は赤ん坊からリスタート」っていうのは、考えてみれば水木漫画の定番だった気もします。鬼太郎も、原作じゃ何度か赤ん坊になってたしね。「妖怪獣」とか「その後のゲゲゲの鬼太郎」とかで。
 でもまさか、それがねこ娘の身に訪れるとは(笑)。
 これでツンデレ姉さんキャラは卒業ですかね。今後は甘えん坊幼女として、まなねえたんと一緒に行動とか? まなねえたん戦闘能力上がっちゃったから、鬼太郎の戦闘パートナーとしてやっていけそうだし、それもアリっちゃあアリかもですが。
 あ、でもねずみ男を襲うのだけは継続しそう。
 本能の赴くままにねずみ男を引っ掻きまくる幼女。……うん、アリだな。


 というわけで、いろいろありましたが、一年目は無事完結。
 次回からは地獄の四将編ですね。まずは鵺が登場……ということで、オリジナルストーリーっぽい感じ。
 いや、楽しみです。主に、ねこちゃんの活躍が。
 ではまた次回!


 

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第48話『絶望と漆黒の虚無』 感想

 黒いオッサン(仮)改めジョン社長(仮)改めベビィ(確定)編、その第二幕目。
 いやぁ、ようやく真の姿が出てきましたね、名無しさん。しかし何者なんだこれ。

 ……一応公式サイトのキャラ紹介を見る限り、人間でも妖怪でもないとされています。どういうことですかね。僕個人の想像では、「人間と妖怪の狭間にある者」と解釈できそうですが。かつて人間でありながら妖怪として殺された……とか。だいぶ前に、誰かが侍に殺されてるイメージ映像(名無しの脳内)とかあったしね。
 まあ、ただの想像なんで、はずれているかもしれません。悪しからず。

 なお、ハズレ覚悟でもう一つ言うと――。
 名無しの正体。でっかい赤ん坊ですね。「ジョン童」って、本当に童だったとは。
 で、目が複数。角みたいなものも複数。加えて以前指摘したとおり、体に五行(を刻まれたまなと一体化)。
 ……これ、劇中でどういう設定かはともかく、少なくともキャラクターのモチーフは、やっぱり酒呑童子なんじゃないですかねぇ(第12話の感想参照)。いや、勝手な憶測ですけど。
 あるいは酒呑童子の息子という伝承が残る鬼童。あるいは四つ目の鬼ということで方相氏。……いや、やっぱりネームバリュー的には酒呑童子かな。
 でも赤ん坊ですからね。ここで姑獲鳥が飛んできて名無しをあやして弱体化させる――みたいな展開になったら、前回の姑獲鳥精分が無駄にならないし面白いと思うけど、さてさて、どうなるかしら。

 ……と、名無しの正体の考察はこれぐらいにして、それ以外の感想も。
 まずはまなちゃんのお母さん、生きててよかった。何やら死んだことにされてるけど、そちらは名無しの見せている幻影のようですね(公式ツイッターより)。
 ねこ姉さんは……果たして逆転のサプライズはあるのか。なんかこのままクール終了して、「地獄の四将編」で復活とかもありそうですが(地獄が絡むなら魂復活もあり得るかなーって)。
 そして鬼太郎。ずっと顔に影がかかっていました。よく見ると、うっすらと怒りの目が映っていた……ように思います。そんな鬼太郎とまなの互いの憎悪こそが、名無し復活の最後の鍵。まさかこんな展開になってしまうとは……。
 だからこそ、怒りに囚われた鬼太郎を一括する目玉親父が、頼もしい限りでした。

 しかも父さん、普通に指鉄砲撃てるのか(笑)。

 余談。今回のゲスト妖怪は畑怨霊。
 妖怪図鑑からの起用組ですが、実は、第三期では「妖怪小豆連合軍」、第四期では「妖怪屋敷へいらっしゃい」&劇場版「おばけナイター」、第五期では「新年大暴走!鬼太郎火車」……と、必ず何らかの形でアニメ版に出ている常連妖怪の一人です。
 ちなみに第三期以外では、頭だけの妖怪として描かれています。でも元の妖怪画をよく見ると、ちゃんと体があります。これ豆知識ね。


 さて次回は、名無し編完結なるか。
 次回予告の映像を見た感じ、ついにねずみ男がキーパーソンとして活躍しそうですね。
 どう話がまとまるのかは未知数ですが、期待して待ちたいと思います。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第47話『赤子さらいの姑獲鳥』 感想

 いやぁぁぁっ! まなちゃんのお母さんが!
 ねこ姉さんが!
 まなちゃんのお母さんが! ←大事なことなので二回

 というわけで、次の放送日ギリギリの更新になってしまいました。これはショックで立ち直れなかったからではなく、単に忙しかったからです。
 今回の原作は「姑獲鳥」。しかし、「姑獲鳥」要素は全体の二割ぐらいで、大部分は黒いオッサン(仮)改めジョン社長(仮)の陰謀を描いた、名無し編の一発目となっていました。
 いや、名無し、普通に喋れたのかよ(笑)。
 しかも外人のふりして喋ってるよ、結構器用じゃん。

 名無しの手駒になっていたチャラトミさんは、一話に出ていた人ですね。実は意外と影響力のある人だった。インフルエンサーって言うんですか、こういうの。
 で、そんな彼の言葉一つで、世間は妖怪への融和ムードから一点、デビルマンな世界へ突入する模様。
 まあ、妖怪がいかに危険かってのは、一度狸に日本を乗っ取られてる時点で気づくべきなんですが(笑)。あと牛鬼が島民貪り食ったりとかね。結構大規模な事件は何度か起きています。
 ただ、鬼太郎作品において「人間と妖怪の関係性」というのは案外いい加減に描かれていて、距離があったりなかったり、妖怪を信じてすらいない人もしょっちゅう出てきたり。原作にしても過去のアニメにしても、そこは同じ。第六期の中でも、エピソードごとに微妙にパラレルになっている――と考えるのが正解でしょう。
 もっとも、名無し編という大きな話の中でこの要素を深掘りした以上は、今回の関係性が今後の第六期の主軸になる可能性があります。

 ……とまあ、これぐらいしか語ることがないわけです。
 今回の展開自体はショッキングだったけど、着地点を見届けない限り、良し悪しの感想を抱くのは難しいですからね。
 おとなしく次回を待ちたいと思います。

 ああ、あと次クールからは、「地獄の四将編」なるものが始まるらしいですね。
 オリジナルなのか、実は地獄絡みの原作エピソードがベースになっているのかは分かりませんが。どうしよう、「死神大戦記」とか来ちゃったら。……さすがにそれはないかな。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第46話『呪いのひな祭 麻桶毛』 感想

 今回の原作は「麻桶毛」。新編ゲゲゲの鬼太郎からの一本ですが、映像化は今回が初となります。
 原作では、不気味な市松人形に宿っていた麻桶毛が少女を襲い、腹の中に閉じ込めてしまう――というストーリーでしたが、アニメ版ではちょうど放送日が桃の節句だったこともあり、麻桶毛も市松人形ではなく、雛人形に宿ることになりました。
 人形の首がすっぽ抜けて髪を伸ばして襲ってくるのは原作同様。ただし、麻桶毛が二体いたり、襲った相手を人形に代えてしまったり、といった要素はアニメオリジナルになります。

 初アニメ化――ということで若干期待値は高めでしたが、ストーリーそのものはオーソドックスな作り。まあ、この辺は原作「麻桶毛」からしてオーソドックスな「鬼太郎もの」なのですが。
 それよりも今回は、全体的に作画がキレキレで、ねこ娘の顔芸も満載で、見ていて楽しい回でしたね。
 ねずみ男が何かやらかして、ねこ娘が引っ掻いて懲らしめる――という黄金パターン。原作「猫娘とねずみ男」から続く伝統芸(?)ながら、最近はねこ娘がクールかつ爪が伸びすぎて、あまり乱用されなくなっていた印象があります。が、今回はいっぱい見れて満足。
 まなちゃん周りのセミレギュラー陣も大勢登場しましたし、黒いオッサン(仮)の布石で何か発動したりしてましたし。ある意味、六期なりのベーシック回だったのかな、という気もしつつ。
 全体的に、力を抜いて楽しめる良回だったと思いました。たまにはこういうのもいいですね。
 あと原作ファン的には、鬼太郎とねこ娘が連れ立ってラーメンを食べに行くところがポイント高し。さすがに「二杯分しか金がないんだ」はやらなかったけど(笑)。

 ……ちなみに麻桶毛は、水木作品内では「まゆげ」で統一されていますが、本来は「あさおけのけ」と読みます。
 ある神社のご神体として、麻桶の中に収められている一筋の髪の毛で、幾重にも枝分かれして悪人達を縛り上げたという伝承があります。その様は水木先生の妖怪画にも描かれていますが、今回のアニメ版ではこの妖怪画がアレンジされて、雛人形の首が男達を縛り上げる形で再現されていました。
 ただ、上記のとおり本来は神様なので、「祀られてない場合は人形に宿る」というのは、鬼太郎作品でのオリジナル設定ですね。
 そして言わずもがなですが、原作の麻桶毛が市松人形に宿っているのは、このキャラクターが「お菊人形」をベースにしているからだったりします。はい。


 というわけで今回はここまで。
 次回は1週置いて、「姑獲鳥」。時期的にはそろそろオッサン(仮)も動かないといけないわけですが……さて、どうなりますでしょうか。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 告知 アニメ 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ