カルドセプト3DS開始!

 ずっと楽しみにしていた『カルドセプト3DS』、運よく発売日に買いに行けました。
 もともと大好きなシリーズで、思えば友達に薦められてサターン版を買ったのが、まだ高校生の時。当時は友達と集まるたびに、バルダンダースをばら撒いたりメテオストームをぶっぱしたりしてましたが(←ただの迷惑)、その後もPS2版、DS版で遊ばせてもらい、そして今回の3DS版に至ります。

 ってことで、さっそくプレイ開始。初期ブックは何となく水地にしました。
 今回はストーリーモードの報酬で得られるカードが、ストーリー進行に合わせてアンロック方式で強化されていく仕様なので、最初のマップに居座ってのカード資産集めがやりづらいですね。フルボッコ用のAIも作れないですし、まあ地道にやろう……ってことで、進めたり停滞したりしながら、ストーリー序盤を乗り越えた辺りまでやって来ました。
 すでにフリーAI戦も可能なので、少しでも強いカードが欲しい場合はそっちを遊んだ方がいいのかも。まあ、敵も強いけどね。

 そんな今現在。使っているブックもまだまだ心もとない状況です。
 エースは、AI戦ではお決まりのケルピー。やっと1枚来たので、もうこれで乗り切りたい。でも、いざという時に守れるカードがそんなにないというジレンマ。
 他には水属性ですと、新カードのスラッジタイタンを手に入れたので、さっそく投入してみました。どう見ても『帰ってきたウルトラマン』の第一話に出てきたやつとしか思えないんですが、それはさて置き強いです。強いけど、状況次第で自滅するので、拠点にするには不安が大きい。まあ、荒らし回り用ですかねー。荒らしつつ、水属性の領地が取れたら居座っとけみたいな。
 同じく水属性の新カード、ラストクローラーも1枚投入。グレムリンを面倒臭くしたようなカードです。ていうか、明らかにグレムリンの方が使い勝手がいいという……。たぶんそのうちリストラしそう。
 地属性の方は、まだこれと言って目ぼしいカードは手に入ってません。一応サクヤが1枚入手できたのですが、複色ブックに入れるべきなのかどうか……。領地能力で地形変化ができるのは強力なんですが、どちらかと言えば単色ブック向けなのではってことで、。
 あとは昔から愛用していたリザードマンとかファンゴノイドとか、ダークエルフとかノームとか。やはりこの辺のシンプルイズベストな連中は、使い勝手がいいですね。 

 ていうか、そろそろ水地の組み合わせにこだわる必要もなくなってきたので、別の色で組み直そうかしら。
 ……なんてことを思いながら、最初のマップでゴリガンと戯れる夜なのでした。
 
 

テーマ : ニンテンドー3DS
ジャンル : ゲーム

tag : 3DS ボードゲーム

『エルダーサイン』エラッタ

 先日は久々のゲームマーケットでした。
 同人ブースの参加者数が尋常ではなく、今までに比べて相当な混み様でした。いったい何があったのか。
 それはさて置き、私はといえば企業ブースの方で『エルダーサイン 完全日本語版』を購入。プレイヤー同士で協力し合い旧支配者を復活を阻止する、『アーカムホラー』の簡易版といった体のこのゲーム。ちょっとソロプレイで遊んでみたのですが、『アーカム』にあったマゾ度がだいぶ緩和されており、バランス的にはちょうど良くなっていると感じました。
 まあ、原作再現度の方も『アーカム』に比べてだいぶ簡略化されているので、そこが物足りないと言えば物足りないのですが……。あっちはあっちで再現しすぎて、普通にプレイするだけで三時間以上かかったりしますしねぇ。なんでこう極端なんだ(笑)。

 さて、FFG社の公式サイトで配布されているエラッタ・FAQを確認したところ、日本語版ルールとは異なる部分が何点かありましたので、主だったものを覚え書きのつもりでここに記しておきます。
 エラッタのバージョンは1.0準拠です。

続きを読む

テーマ : ボードゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : ボードゲーム

怪獣とかゲームマーケットとか

 昨日は、下でも告知している『ゴゴゴ展2』に行ってきました。ちょうど天野さんがいらしていたので、いろいろとお話を伺いながら、じっくりと展示物を拝見。好き勝手にデザインされた怪獣達がズラリと並んでいて、実に愉快でした。
 ちなみに展示品はいずれも売り物です。早くも売約済みのものもちらほら。私はお財布と相談して、地球星人の解剖図を買って帰りました。
 開催期間中も徐々に展示物が増えていくそうなので、日を置いてまた遊びに行ってみようと思います。

 そして本日は、浅草で開催されたゲームマーケットへ。『クォリアーズ』の拡張セットと、同人ゲームを何点か購入しました。例年に比べて「どうしても欲しい!」と思えるものが少なかった(あるいは欲しくても売り切れていたり)こともあり、だいぶ出費は抑え気味になりました。
 今回はバンダイから出ている『バトルブレイク』も出展していて、個人的に興味はあったんですが、結構混雑していたこともあって、遠巻きに眺めるだけに留めておきました。国内では貴重なオリジナルミニチュアゲームなんで、頑張ってほしいところではありますが……。
 この手のフィギュア系は、一度本格的に集め出すと、金銭的にもスペース的にも相当きつくなるんですよね。一ユーザー予備軍としては、コレクタブルの要素を取ってくれるだけでもだいぶ手が出しやすくなるんですが、それだと「一度買って終了」ってことで、やっぱり商業的にはきついのかな。

 ともあれ荷物も思ったほど多くならなかったので、その足で秋葉原へ。
 地元で全滅していた『ぱにぽに』の限定版最終巻をようやくゲット。あと、モンハンの新作を予約してしまっているので、ようやく3DSを買いました。カルドの新作も出るっていうし、今から楽しみです。

 それからゲーマーズさんに寄って、北原さんのタオルを見てきました。こちらは昨日発売になったばかりですね。500円です。皆様よろしくお願いいたします。
 私は買いました。保存用に……。
 

tag : モンスター 妄想少女 ボードゲーム

クォーリアーズ!

 以前から気になっていた海外のボードゲーム「クォーリアーズ!」。このたび完全日本語版が発売されたので、さっそく購入してみました。
 

続きを読む

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : ボードゲーム

同人的ドミニオン考

 本日はアナログゲームの即売会、ゲームマーケットに行ってまいりました。
 前回の秋のイベントは用事で行けなかったので、この手の会はほぼ一年ぐらいご無沙汰だったわけですが、漂っている空気は相変わらず。今回は知り合いが出展していたので、そちらの方も眺めてきました。

 それにしても思ったのは、いわゆる「デッキ構築型カードゲーム」が本当に増えたなぁ、ということ。商業同人問わず、いったい何種類あったんだろう。
 知らない人のために説明しておくと、「デッキ構築型カードゲーム」というのは、トレーディングカードゲーム(TCG)に似た感覚のゲームの一種。プレイヤーは、まったく同じ内容の山札を一つずつ持ってゲームを開始。ただし途中で、いろいろな特殊効果を持ったカードを場から入手し、それを自分の山札に組み込んで行く。そうすることで、最終的にはプレイヤーごとにまったく異なる山札が完成し、あとはTCGでお馴染みのコンボやら何やらで勝敗が左右される……と、こういう仕組みのものです。
 このシステムの元祖は、2008年にアメリカから発売されたゲーム、「ドミニオン」。これが世界中のアナログゲーマーの間で空前の大ヒットを飛ばし、以来「ドミニオン型」とも呼ばれるデッキ構築型カードゲームが、次々と発売されることになりました。

続きを読む

tag : ボードゲーム

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ