FC2ブログ

言葉狩り

 僕は子供の頃から、いわゆる「言葉狩り」と呼ばれる現象に、非常に嫌悪感を抱いていた。
 「○○という言葉は差別的なので使ってはいけません」というのを誰かが一方的に決め、それに従わない者には社会的制裁が与えられる。マスコミや作家は制裁を避けるために別の言葉を模索するが、しばらくするとまた「その言葉も差別的なので使ってはいけません」と誰かが言い出し、結局また別の言葉を探すようになる。
 どう考えても馬鹿馬鹿しい現象だ。当たり前だが、それが差別かどうかなど、その言葉を実際に口にしたり文字に起こした時のニュアンスで、様々に変わる。それを一まとめに規制して別の言葉に置き換えたところで、何も変わらない。むしろ表現の自由に対する冒涜でしかない。
 いや、表現の自由を狭めるだけならまだしも、時には実害さえ生みかねない。


 昨日の朝日新聞に、こんな記事があった。
 ――認知症患者の「徘徊」という表現は、本人が傷つくから使うべきではない。あれはあくまで「外出」という認識でおこなっているものだから、区別してはいけない。
 そのような動きが自治体に広がっているという。まあ、朝日が言うことだから、どれぐらい話が盛られているのかは分からないが、何にせよ「徘徊という言葉を使ってはいけません」と騒ぎ出した勢力がいるのは確かだ。
 しかしこの話題について一番恐ろしいのは、朝日新聞の以下の宣言だ。

> 朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、 「外出中に道に迷う」などと表現することにします。
(記事より引用)

 「徘徊」ではなく「外出」になるという。
 このような置き換えをした場合、記事内できちんと「認知症である」と明言が為されるのなら、まだいい。しかし、仮に明言が為されなかった場合は、ニュースの核がスッポリと抜け落ちてしまう。
 「徘徊中の事故や行方不明」となっていれば、徘徊行為そのものに問題があるのだと分かる。ところが「外出中の事故や行方不明」となると、問題の本質が一気にぼやけるのだ。
 これまで徘徊行為への対処として、認知症のかたが外へ出る時は介護役をつけたり、常に名前と連絡先を書いた紙を持たせたり、周りでも徘徊中と思しき人を見つけたら声をかけるなど、家族だけでなく社会ぐるみでのサポートも視野に入れてのケアが必要なのだということが、広く提示されてきた。
 だが、この徘徊をただの「外出」に置き換え、認知症のかたが一人で「外出」することの危険性を訴えないとなると、誰も事前の対処など出来なくなる。いや、少なくとも「徘徊を使うな」と言っている団体は、そのような対処を、過剰な危険視であり認知症差別に繋がると見なしているようだ。
 憐れみの目で見られるのが嫌だ、ということだろうか。そういう感情は決して理解できないわけではないが、所詮ただの強がりである。その強がりだけで事前の対処を怠り、事故や失踪などということになったら、後の祭りなのだ。
 朝日はその点をきちんと理解した上で、上記の宣言をしたのだろうか。
 今後新聞を読んで大人になった次の世代が、認知症の家族の一人歩きに対して危機意識を持たず、何のケアもしない――という狂った社会が生まれないよう、配慮した記事作りができるのだろうか。

 とりあえず、僕はまったく期待していない。

謹賀新年(遅)

 明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。


 近況としては、まず京王の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に参戦中です。
「参戦中」というのは、要するに「期間中に複数回会場に行く」という意思表示ですね。
 去年はインフルエンザにやられてほぼ参戦できなかったので、今回はその反動で頑張りたいと思います。

 とりあえず(味見も含めて)いただいたもの
・くまもとランチBOX
・名古屋コーチンサンド
・米沢牛 伝統の百年 焼肉弁当
・鎌倉ハムサンドウイッチ
・塩羊羹(新鶴本店)

 くまもとランチBOXに入っている鶏肉が、ダークホース的な美味しさでした。
 お目当てにしていた秋田の駅弁が未入荷だったので、代打で買ったのですが、選んで正解。
 容器も使い回せる良弁ですね。


 話変わって、何やらアニメ鬼太郎の50周年記念プロジェクトが起ち上がるとか。
 新作があるのかな。でも5期の補完もやってほしい。


 またまた話変わって、久々に洋物ボードゲームで遊びました。
 時々集まっている妖怪仲間の人が持ってきた、『逃げゾンビ』と『パンデミック:新たなる試練』。どちらも面白かったです。
 パンデミックは自分でも初代を持っているんですが、一人でテストプレイしてあとは積んでいたので、今回が初プレイみたいなものでした。
 2戦やって2戦とも敗北しました。でも楽しかった。やっぱりボードゲームは、人と遊んで何ぼですね。
 今度集まる時は、うちの積みゲーも持っていこうかな。


 あとアニメで『伊藤潤二「コレクション」』を見ています。
 ちょうど去年、全巻ドットコムのポイントで傑作集を買ったばかりだったので、ある意味タイムリーでした。
 でも第一話を見る限り、もうちょっと演出を頑張ってほしいな。
 『地獄の人形葬』なんか、いかにも「尺埋めしました」みたいな感じだったし。あれはアニメでやるなら、娘の変化を見せる合間合間に、時間経過を示す「間」を挟まないといけないと思うのですよ。四季の移り変わりみたいなベタなものでいいので。
 ところがそれを入れずに、今回みたいに父親のモノローグだけで話を進行させると、だいぶザックリした印象になってしまうという……。
 しかし何にせよ、毎週が楽しみです。

tag : 妖怪 アニメ ボードゲーム モンスター

メイツ星人VSゼラン星人

 前にも同じようなことは書いたのだけれども。

 『帰ってきたウルトラマン』の中で社会問題に深く切り込んだエピソードと言えば、「怪獣使いと少年」が有名だ。
 しかし、本気でこの社会問題に目を向けるつもりであれば、同時に「悪魔と天使の間に・・・・」を無視するわけにはいかない。

 ゼラン星人に立ち向かおうとした郷秀樹は、なぜ糾弾されなければならなかったのか。
 少なくとも現在の日本では、メイツ星人を袋叩きにする地球人よりも、ゼラン星人に陥れられる郷秀樹の話をよく聞くようになっている。
 メイツ星人をゼラン星人だと見なして排除しようとする社会は不健全だが、ゼラン星人をメイツ星人だと言い張って守ろうとする社会だって、充分に不健全だ。僕はそう思う。

 ……というようなことを、某航空会社の騒動の裏事情を知って思った。
 ちなみに、ゼラン星人とメイツ星人は同じマスクを使って撮影されている。皮肉な話だ。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : ウルトラマン

キモい展

 先日、ソラマチで開催中の『キモい展』に行ってきました。
 普段見向かれないような「キモい」動物にスポットを当てた展示イベントです。イベント名自体はキャッチーな感じを狙っていますが、内容は至って真面目に「この手の」動物達を紹介するもの。普段なかなかお目にかかれないような変わった虫やカエルがいっぱいで、しかもすべて生体展示なので、とても見応えがありました。
 もちろん人によっては下手なお化け屋敷よりヤバいと感じる内容なので、万人向けとは言い難いですが、爬虫類好き、両生類好き、虫好きであれば絶対に楽しめると思います。
 7月9日までやっています。めっちゃオススメ。

 以下、10年以上前のガラケーで撮ったしょぼい写真とともにお送りします。

 ……分かった? ここから写真あるからね?
 アレとかアレの写真も容赦なく載せてるからね?
 
 

続きを読む

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : モンスター

ツイッターに……

 とあるベストセラー作家の先生のツイッターを眺めてたら、某書店と某新刊のことについて、明らかに事実誤認の内容がリツイートされていて、某書店の名誉のためにもすごく間違いを訂正してあげたいけど、それだけのためにツイッターを始める気になるはずもなく。
 何かすごくモヤモヤする。
 
お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 告知 アニメ 水木しげる 妄想少女 ゲゲゲの鬼太郎 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー 多元宇宙 ポケットモンスター 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ