あれに登録してみた

 ついにカクヨムに登録しました。
 一応、没原稿を公開する場として利用するつもりです。新規に何かを書き下ろすかどうかは未定です。
 いずれにしても巷の流行はガン無視して、自分の趣味に偏った内容のものを投稿することになると思います。それにまあ、没原稿ですからね。あまり期待はしないでいただきたく。ええ。

 以前担当氏にいくつか質問したのですが、『女子高生地球侵略物語』なんかは(雑誌版と内容はかなり変わりますが)、載せても大丈夫な模様です。
 他にも、今さら商業出版じゃ出してもらえないだろうなーというのがいっぱいあるので、ぜひともあの場を利用させていただきたく思います。

 ほんと、作家活動しないとね。もう自分が何者なのか分からなくなってくるからね。
 

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ヤエちゃんの妖怪大事典・番外編 目次

 このコーナーでは、『異世界妖怪サモナー 2』で触れた妖怪のうち、ページ数の都合で解説が載せられなかったものを掲載しています。

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 妖怪 異世界妖怪サモナー

カクヨム?

 ↑一応角川所属の作家なので、気になってはいる。

 まあ、どの程度の内容のものが投稿できるのかにもよると思う。少なくとも今のところ、これのために完全新作を書き下ろす気はない。ただ、没になった原稿などはそれなりにあるから、そういったものを供養するために利用するのはアリだろうな、とは思う。
 まあ、没になった=商品にならないと判断されたわけだから、読む側にとってはつまらないものが多いだろうけど。
 しかし考えてみれば、こういった投稿小説というのは、編集を介さない自由な作風のものを世に発表できるというのが、最大の強みのはずだ。「ランクを上げて本にするために人気筋を追う」なんてのは、そりゃ仕事でやればいいわけだ。ぶっちゃけニーズなんかどうでもいいから、自分が読みたいものを書いた方が精神衛生上いいに決まっている。
 だからこそ、角川の作家が没原稿置き場として角川の投稿サイトを利用するのは、いろいろな意味で正攻法だろうと思う。だいいち新しい没原稿ではなく古い没原稿だから、今どこかに売り込んだって本になる見込みはほぼないし。

 ただそうなると、いくつか出版社側に確認しなければならないことがある。

・商業出版されたシリーズ(もちろんカクヨムの二次創作可能リストには入ってない)の没原稿は投稿できるのか。
・商業出版されたシリーズで初稿からカットした部分のみを「未収録パート」として投稿することはできるのか。
・雑誌には掲載されたけど、その後本に収録される見込みがない短編は投稿できるのか(これは無理だと思うが)。
・「上記に該当する作品内テキストの半分以上」が中に組み込まれている未発表長編は投稿できるのか。
・プロット程度のものでも未発表作品のものであれば投稿できるのか。
・今現在完結させる余力がないと分かっている作品を投稿できるのか。

 気になっているのはこれぐらいか。
 まあ、プロットや未完成原稿なんかは、カクヨムのルール自体には引っかからないだろうと思う。読者からすれば「はあ?」だろうけど。
 折を見て担当氏に聞いてみるか……。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説雑感

ヤエちゃんの妖怪大事典・番外編5 小豆計り

小豆計り【あずきはかり】

【出身地】 東京都
【出没地】 家

 江戸時代、麻布のとある武家屋敷に現れた妖怪。天井で足音や小豆をばら撒くような音がするという怪異で、いわゆるポルターガイストの一種のようです。
 小豆の妖怪といえば「小豆洗い」が有名ですが、これは水辺でショキショキと小豆を洗うような音を立てるもの。小豆の音という共通点こそあれ、家に出る小豆計りは、これとはまた別系統の妖怪みたいですね。
 むしろ、同じポルターガイスト系の怪異である山ン本様の方が、どちらかと言えば近い存在なのかもしれません。

※このコーナーでは、『異世界妖怪サモナー 2』で触れた妖怪のうち、ページ数の都合で解説が載せられなかったものを掲載しています。なお、今回でラストです。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 妖怪 異世界妖怪サモナー

ヤエちゃんの妖怪大事典・番外編4 見越し入道

見越し入道【みこしにゅうどう】

【出身地】 全国
【出没地】 道

 道を歩いている人の前に現れて、見上げれば見上げるほど巨大化するという大入道の一種。「伸び上がり」や「次第高(しだいだか)」など同類も多い、メジャーな妖怪なのです。
 対処法は地域によって様々で、見上げずに見下ろせばいいとか、「見越し入道、見抜いた」と唱えるとか、差金で高さを計ろうとすると消えてしまうなどと言われています。
 正体は狸だったりイタチだったり。また江戸時代の黄表紙(今でいうラノベみたいなもの)の中では、妖怪の親玉として活躍することも多かったのです。……あれ、じゃあ実はヤエこそが妖怪王に相応しいってことですか?

※このコーナーでは、『異世界妖怪サモナー 2』で触れた妖怪のうち、ページ数の都合で解説が載せられなかったものを掲載していきます。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 妖怪 異世界妖怪サモナー

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 小説雑感 PSP マキゾエホリック ボードゲーム ウルトラマン DS 世紀末オカルト学院 3DS 相棒 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ