生理的嫌悪動物

 ヨドカメにて映画『スラッグス』のDVDを発見。大量のナメクジが人間に群がって貪り食う、80年代のアレなスプラッター映画です。ソフト出てたんですね。前々から「見たいな~」と思っていたので、ちょうどよかった。
 ……と、素直に喜んで買うのはさすがにためらわれました。と言うのは私、実はナメクジが大の苦手なんです。
 特にCGのない当時のこと、出てくるナメクジも、結構本物に頼っているとかで……。ううむ。これは鑑賞は辛いかも。
 同じ理由で、ゴカイわんさかな『スクワーム』もパスしてるんですよね。どちらも名高い作品だけに、動物パニックファンとしては、生理的な理由で手を出せないのが非常に残念なのですが……。こればっかりはしょうがないわなぁ。

 動物パニック映画で使われる動物って、「危険」と「不気味」に二分されると思うんです。前者ならサメやワニ。後者ならカエルやタコ。もちろん両方の要素を兼ね備えたものもたくさんあって、ヘビやクモなんかがいい例だと思います。
 で、「危険」なやつらは問題ないんです。怪獣映画のノリで見ればいいわけですから。逆に問題なのが「不気味」な連中。こちらはナメクジにせよゴカイにせよ、苦手なものは本当に苦手ですからね。見たくても見れないというジレンマ(あ、ウルトラマンタロウに「ジレンマ」ってナメクジ怪獣がいましたね。まあどうでもいい)。
 しかしこの「不気味」の定義。「危険」と違って、かなり個人差が出るものです。私は『スラッグス』も『スクワーム』も躊躇しましたが、逆にこれらを何とも思わずに、平気で鑑賞できる人もいることでしょう。逆に私が平気だった、ヘビ満載の『人蛇対戦 蛇』とか、ゴキブリ満載の『ザ・ネスト』『ブラッダ』とか、そっちの方がキツイって人もいるかもしれません。
 こういった動物に対する好き嫌い。統計取ってみたら面白いかも。要は動物に対する価値観の違いですからね。地域や年代によって、ある程度傾向が出る可能性大。だとしたら、文化人類学的な研究にも繋がるんじゃないかなぁ、と。

 ああ、そもそもそんな映画見ねーよって意見は省きますよ?
 

テーマ : B級映画
ジャンル : 映画

tag : 映画 モンスター

MHP3 強撃ビンって

 弓使いの端くれとして、ニトロダケを大人買いする日々。しかしそんな強撃ビンの使いどころについて、最近ちょくちょく考えるようになりました。
 きっかけになったのは大連続の「クローベリング・タイム!」。ウラガンキン亜種、ドスフロギィ2頭、リオレウスの順に狩っていく火山クエで、紅玉とお守り狙いでちょくちょく赴いています。
 得物は漠浪弓【豊穣】。龍属性の拡散弓です。属性だけ見れば、ガンキン亜種&レウスと相性が良く、ドスフロギィとは相性いまいち。ただしドスフロギィ自体は大して強くないので、純粋に物理攻撃だけで押し切れば充分です。
 スキル構成は「散弾・拡散矢威力UP」「スタミナ急速回復」「集中」「強撃ビン追加」「暑さ無効」の五つ。まあ、「暑さ無効」は完全に趣味ですが、とりあえず漠浪弓は強撃ビンに対応していないので、「強撃ビン追加」は必須と言われています。
 ……さて。「クローベリング・タイム!」にこの漠浪弓で挑む場合、強撃ビンを一番使いたい局面はどこでしょうか。

続きを読む

テーマ : モンスターハンターポータブル3rd
ジャンル : ゲーム

tag : モンスターハンター

逆転裁判が!

 映画化!
 これは楽しみ。ついに実写のオバチャンに会える! 会いたい! 会えますか?

 モンハンも実写映画化しないかな~と前々から思っていたりします。
 あれは明らかに、アニメより実写の方が映えますからねぇ。
 

tag : DS

まあ近況など

 気が付けば一週間以上放置していました。

 最近は、アニメの新番のCDなど買い込んで、延々リピートしています。『Os-宇宙人』とか、ずっと聴いていると洗脳されすぎて、すごく普通の歌に思えてきますね。やばいですね。これカラオケ行って知らない人の前で歌ったら、どんな反応するんだろう。「こいつ音外しまくってるよド下手糞!」とか思われるかなぁ。ドキドキ。

 あと、今日スーパーへ買い物に行ったら、ヤギみたいな声で笑うお婆さんがいました。
 以上、近況でした。
 

tag : アニメ

第9地区

 久しぶりに未見の映画のソフトを買いました。例の「ブルーレイ、2枚でお得!」商法が原因です。
 今回は『エスター』メインで、抱き合わせを『第9地区』に。『第9地区』は未見の上、ストーリーすら全然知らなかったわけですが、見てみたら、なかなか完成度の高いSF作品でした。
 「難民である宇宙人を虐待する地球人」という、今まであまりなかった構図が描かれています。主人公は「善人」ですが、あくまで地球人なので、宇宙人に対しては非人道的行為を平気でおこないます。ところが妙な液体を浴びて、肉体が宇宙人に変異してしまい……という流れは、ハエ男でお馴染みの「変身人間もの」のパターン。つまりよく見ると王道のプロットなのですが、前述の世界観や主人公の性格がそこに変化球をもたらし、真新しさに溢れた作品になっています。
 胸が悪くなるような人間描写(そう、まさに地球人の描写)が多数で、いわゆる爽快感を感じるような話ではありませんが、SF好きとしては、久々に腰を据えてじっくり鑑賞したくなる作品でした。
 うん、いい買い物した。

 『エスター』もいいですね。猟奇的でどこかがおかしい9歳の養女を描いたホラーストーリー。女の子の正体が知れた瞬間、思わず引きつった笑顔を浮かべてしまいました。こんな顔、なかなか浮かべられるものじゃありませんって。
 妊娠中の方以外にはお勧め。

tag : 映画 モンスター

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ