さくら!

 すでに前夜のことですけど……。

 『桜Trick』最終回、すごくよかったです!
 今まで文化祭(6話)とかクリスマス(8話)とかで最高のキスシーンを見て、「さすがにこれがベストだろう」と思ってたら、それを遥かに超えてくれました。
 うむ、なんか幸せな気持ちになれたよ。

 今日は、買っておいた原作の3~4巻を一気読みしました。
 せめてOVAでもいいから、もっとアニメ化してほしいなぁ。
 百合民もっと増えろ。
 

tag : アニメ

怪物映画レビュー 『モンスターズ・フォレスト』

原題:THE MILLENNIUM BUG
2011年・アメリカ

 1999年12月31日、夜――。
 ミレニアムの訪れを無人の廃村で迎えようとしていた、とある一家。父親とその娘、そして父親の再婚で加わった新しい母親の三人は、しかし森の中で突然暴漢に襲われ、やつらの家に拉致されてしまう。
 そこはイカレたファミリーが暮らす、森の中の一軒家。やつらは若い娘をさらっては、結婚と称して犯し、子供を産ませていた。かつてさらわれた別の少女も、今では狂気に陥り、やつらの仲間になっている。このままでは、娘も同じ末路を辿ってしまうに違いない。
 もがく父親と母親を奥に閉じ込め、泣き叫ぶ娘に白いドレスを着せていくイカレファミリー。だが時を同じくして、森の中をさまようもう一人の男がいた。生物学者である彼は、千年に一度目覚めるという幻の生物を追って、この地を訪れていたのだ。そして彼の予想どおり、ついに地底から一匹の巨大な怪物が出現する。
 夜明けとともに羽化して死を迎えるというこの怪物は、今はただ飢えを満たすため、進撃を開始する。その向かう先には、もちろんイカレファミリーの家が……。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

怪物映画レビュー 『ピラナコンダ』

原題:PIRANHACONDA
2011年・アメリカ

 ハワイの島を流れる川に定期的に湧く、伝説の怪物・ピラナコンダ。アナコンダの胴体にピラニアっぽい顔を持つという、お前どう見てもアマゾンに棲んでないとおかしいだろ的なこのモンスターを追っていた博士は、巣で緑色の粘液をドバドバ分泌する卵を採取中に怪物の襲撃を受け、島に取り残されてしまう。
 一方その近くでは、B級映画撮影隊の御一行様が、ロケの真っ只中。さらにはその主演女優(代表作:『山男の人質』)を誘拐して身代金をせしめようと企む、黒服とグラサンでバッチリ決めた武装グループまでもが暗躍していた。
 そもそも武装してまで誘拐したいような相手かって話はともかく、彼らに襲われて誘拐された女優、監督、女脚本家(ヒロイン)の三人。さらには博士までが、やつらのアジトに迷い込んで、ついでに囚われてしまう。
 辛くもグループの襲撃から逃れたスタントマン(主人公)は、ヒロイン達を助けようと、仲間とともに武装グループのアジトへ。だがそこへ、さっきまでテキトーにその辺の姉ちゃんを食い荒らしていた蛇も参戦。主人公、武装グループ、蛇という、アレな三つ巴の戦いが始まった。
 普段着に安いマスクだけでホラーヒーローを演じる主人公。せっかく武装グループから逃げ出したのに、蛇がいたから戻ってくるヒロイン。助かりそうで助からない監督。蛇に仲間を殺された怒りをなぜか主人公にぶつける、武装グループのリーダー。なんか気づいたらシレッと二匹いた蛇。などなど。彼らがジャングルの中で繰り広げる一大サバイバルに、果たして決着はつくのか!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

怪物映画レビュー 『AXE GIANT アックス・ジャイアント』

原題:AXE GIANT : THE WRATH OF PAUL BUNYAN
2013年・アメリカ

 ミネソタのとある山で開かれた、「初犯者更生プログラム」に参加した囚人達。いずれもささやかな過ちから、犯罪者として理不尽に投獄された彼らを待ち受けていたのは、偉そうな脳筋オヤジがすべてを支配する、地獄の体育会系合宿だった。
 しかもその二日目。数十キロに及ぶランニングの途中で、囚人の一人が、たまたま見つけた牡牛の頭蓋骨から立派な角をもぎ取ると、なんか巨大な斧を手にした巨人が、いきなりブチ切れて襲いかかってくる。
 彼の名はポール・バニヤン。その昔、この近くの村に住んでいた異形の子で、生まれてわずか数年で大人と同じ体格に成長。しかし親友同然だった牡牛を村人に狩られ、怒り狂って村の男達を斧で惨殺し、それが原因で山の洞窟に閉じ込められたという、異様な過去を持つ男だった。
 牡牛の角を持ち去った囚人達に復讐すべく、再び怒りに燃えるバニヤン。一人、また一人と囚人達が殺されていく中、ついに彼らのキャンプ場までもが破壊されてしまう。もはや角を返しても無駄。執拗に殺戮を繰り返すバニヤンから、果たして囚人達は逃れることができるのか……。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

怪物映画レビュー 『シー・トレマーズ』

原題:AMPHIBIOUS 3D
2010年・オランダ/インドネシア

 未知の海洋生物を追っていた女性生物学者は、ある洋上の漁小屋で強制労働させられている幼い兄弟と知り合う。彼らを助けたいと願う彼女は、チャーターボートの船長とともに小屋へ向かうが、時すでに遅く、兄は漁師から殴られた怪我が元で命を失っていた。
 一方残された弟は、シャーマンの血を引く存在だった。彼が自らの腹をナイフで裂き、祈ると、海中から巨大なサソリの尻尾が現れ、傷口に触れてくる。それはここ最近、海で次々と人間を襲っている、問題の海洋生物のものだった――。
 地元の人間から「アンカラ・ムルカ」と呼ばれ恐れられるその怪物は、古代生物・ミクソプテルス(ウミサソリ)の生き残りだった。怪物は弟を守るように、次々と小屋の漁師達を血祭りに上げていく。しかしその行動の裏には、あるおぞましい真実が隠されていた……。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS オーク先生のJKハーレムにようこそ! カクヨム 相棒 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ