妖怪は戦わない

 新刊『異世界妖怪サモナー』、あともう数日で発売されます。
 よろしくお願いいたします。

 今回の執筆にあたり、思い出したことがあります。
 映画『妖怪大戦争』(平成版)が製作されていた頃、関係者の方々がトークショーなどでよく口にされていた、「妖怪」の在り方について。

1.妖怪は戦わない。
2.妖怪はホラーではない。
3.妖怪は馬鹿である。

 この三つです。
 『異世界妖怪サモナー』では、妖怪というものに対して、常にこのスタンスを保ちながら執筆いたしました。

 そもそも妖怪というのは、何かと戦うことを前提に生み出されたものではありません。人を化かしたり、怖がらせたり、あるいは不思議な現象を起こしたり、信仰の対象になったり――。そういった、戦いとは無縁の存在であるものがほとんどです。
 さらにもっと厳密に言えば、そういった様々な怪異に対して明確な名前と姿を与え、キャラクター化したものこそが、今現在我々が考えるところの「妖怪」ということになります。
 夜道で足音がついてきただけなら、それはただの「不気味な出来事」です。しかしこれに「べとべとさん」という名前を与え、人の後ろからついてくる化け物の姿を描くことで、この「不気味な出来事」は「妖怪」というカテゴリーに入り、妖怪図鑑に載ることができるようになるわけです。
 それは言ってしまえば、怪異を「擬人化」したようなものです。こういったキャラクターは、総じて娯楽の対象となります。
 ですから、妖怪はホラーではありませんし、馬鹿なものである――というわけです。

 もちろん世の中には、妖怪がバトルしたり、恐怖を引き起こしたり、シリアスなドラマを展開したりする作品も、数多くあります。
 (私が敬愛してやまない『妖魔夜行』シリーズなんか、その最たるものです。)
 そもそも娯楽というものに制限はありませんから、こういった作品は大歓迎です。
 ただ一方で、それらは「妖怪」というものに対して、ある種のアレンジを施すことで成り立っているのも確かです。

 しかし『異世界妖怪サモナー』は、ファンタジーな異世界に、現実世界の妖怪達が乱入してしまう物語です。
 「いや、それを言ったら妖怪だってファンタジーのモンスターみたいなものじゃないか」……と思われる方々も多いでしょう。ですが実際のところ、ファンタジーのモンスターと現実の妖怪には、大きな隔たりがあります。
 ファンタジーのモンスターは、言ってしまえばフィクションです。初めから小説やゲームといった創作物の中で活躍することを前提に用意されています。
 一方で現実世界の妖怪というのは、これはノンフィクションです。たとえ絵空事、作り話だと分かっていたとしても、それは「我々が暮らすこの世界に現実にいる(いた)もの」という体で語られるものです。
 つまり架空と現実、フィクションとノンフィクションの差こそが、ファンタジーモンスターと妖怪の間にある、明確な境目と言えます。
 ということは、『異世界妖怪サモナー』に登場する妖怪達は、極めてガチなものでなくてはならない。戦いもせず、まともに怖がらせもせず、ひたすら馬鹿でなければならない――。
 そういう理由も加味した結果、本作では、妖怪に対するフィクション的なアレンジは、ほぼおこなわないことにしました。
 戦わない。怖くない。馬鹿である。
 そんな愛すべき妖怪達に振り回されるファンタジー世界の住人達のドタバタ模様を、たっぷりお楽しみいただければと思います。

 ……以上、長くなりましたが、前口上としてここに書き記しておきます。
 『異世界妖怪サモナー』は間もなく発売です。
 妖怪好きな方はもちろんのこと、ファンタジー好きな方も、コメディが好きな方も、ビキニアーマーとか狸耳少女とかロリ魔族とかそういうちょっとニッチなアレが好きな方も(笑)、ぜひこの本をお手に取っていただければと思います。
 よろしくお願いいたします。


◆最後に店舗特典情報まとめ
・ゲーマーズさん:オリジナルブロマイド
・COMIC ZINさん:イラストカード
・アニメイトさん:クリアしおり(※)

※「スニーカー文庫新作ザクザクフェア」の一環です。詳細はアニメイトさんのHP等でご確認ください。


◆ついでに今まで作ったポップまとめ

 異世界妖怪サモナー1 異世界妖怪サモナー2 異世界妖怪サモナー3

 異世界妖怪サモナー4 異世界妖怪サモナー5 異世界妖怪サモナー6

 &おまけの一本
 異世界妖怪サモナー7


テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 告知 異世界妖怪サモナー 妖怪

公式ページができました

 発売まで一週間を切りました、『異世界妖怪サモナー』
 その公式ページが完成しました。
 http://sneakerbunko.jp/series/IYS/index.php

 ご覧のとおり、主人公以外は女の子と妖怪とモンスターしか出てこない、環境に優しい仕様になっております。
 あと、ヤエちゃんのところの紹介文に何か卑猥なことが書いてありますが、本文中ではすべて伏字になっているので、ご安心ください。
 ……すべてって、それどんだけKNTM連呼させたんだよって話ですよね。今度暇な時にでも数えてみます。はい。

 あと、お店によっては店舗特典とかもあるみたいなので、よろしければそちらもチェックしてみてください。
 とりあえず、ゲーマーズさんで買うと、なんかエロいのが貰えるみたいです。いえぃ。

 『異世界妖怪サモナー』は10月1日発売です。
 よろしくお願いいたします。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 告知 異世界妖怪サモナー 妖怪

『異世界妖怪サモナー』はこんな話です

 発売まで二週間を切りました、『異世界妖怪サモナー』
 そもそもストーリーがどんな感じなのかってことで、その内容を簡単に説明させていただきます。

◆主人公の神野琥珀は、ファンタジーラノベが好きすぎて、異世界で勇者になることに憧れてしまった少年。そんな琥珀のもとに、ある日異世界へのゲートが現れた。
◆とりあえず勢いでゲートに突入した琥珀。着いた先はガチな異世界。さっそくビキニアーマーの女剣士や、村を襲うモンスターの群れと遭遇。
◆女剣士のライカいわく、琥珀は「予言にある伝説の勇者、グレートサモナー」であるとのこと。
◆さっそくモンスターと戦うために何か召喚してみたら、なぜか妖怪が出てきた。ていうか妖怪しか出てこない。
◆妖怪は異世界の超常物と法則が噛み合わないので、魔法とかは効かない。でも、そもそもバトルするような連中でもない。好き勝手に周りに迷惑をかけるだけ。モンスターも迷惑かけられまくり。
◆そして、召喚した妖怪はもう戻せないことが判明。呼び出したが最後、永遠に居座られる。
◆仕方なく妖怪を連れ回すことになった琥珀は、冒険者ギルドからの信用を得られず、まさかの登録拒否を受ける。ギルドに入らなければ、念願の勇者にはなれないのだが。
◆ついでにライカも、ビキニアーマーなんぞ着てるくせに、実はただの冒険者ワナビだった。さらに例の予言も、全部彼女が適当に考えたものだった。
◆かくして琥珀とライカは冒険者ギルドに採用されるため、ボランティアとして、冒険者達のモンスター退治のお手伝いをすることになったのだった。

 ……と、ここまででだいたい全体の6分の1ぐらい。あとは買って読んでいただければこれ幸いです。
 テーマは、「せっかくの異世界ファンタジーが妖怪のせいで台無しに!」です。
 あと、ライカのヘッポコぶりと妖怪のマイペースぶりも見所ですね。ぜひ笑っていただければと。

 『異世界妖怪サモナー』は10月1日発売です。
 よろしくお願いいたします。


 

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 告知 異世界妖怪サモナー 妖怪

昨日から今朝にかけて

◆「写真撮りに行きたいので、近場の妖怪スポットでいいとこないですか?」と編集からメールが来る。
 首塚とか御岩稲荷をお勧めしたいところをグッとこらえて、ついでに錦糸町の変な河童像とかもこらえて、祟りと無縁かつ、まともなところを何件か教える。

◆『異世界妖怪サモナー』の見本が届く。エッチな挿絵がいっぱいだけど問題ないはずだ。
 あと、どう見てもSEIKIとか描かれてるけど、モザイクかかってるし問題ない(ry
 あ、SEIKIって妖怪のだからね? あくまでちゃんと一般向けのライトコメディだよ?

◆サモナーと同時に、アマゾンからポケダンの新作も届く。やったぜ。
 でも次のプロット書き終えるまでは、とりあえず我慢。

◆とか言いつつモンハンクロスの新PVに大興奮してる自分。仕事しろ。

◆なんかすげー雷鳴ってるんですけど。やだ恐い。←いまここ

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 異世界妖怪サモナー 妖怪 モンスターハンター

これいつまで続けるのか

 異世界妖怪サモナー6

 日を追うごとにネタバレが酷くなっていく気がします。
 そろそろ自制しよう。

 そう言えばオッヘラオッヘラは、原典の『えぞおばけ列伝』では、オヘッラヘラとなってました。
 私が参考にしたのは千葉幹夫氏の『全国妖怪事典』なんで、いわゆる孫引きでやらかしちまった感じです。
 でもオッヘラオッヘラの方が響きがいいので、作品内では特に訂正はしないと思います。はい。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 告知 異世界妖怪サモナー 妖怪

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ