シン・ゴジラ

 ようやく『シン・ゴジラ』を見てきた。
 感想を一言で言うなら、「うわこれすげぇ!」に尽きる。

 日本に怪獣が出現した時、日本政府や世界各国はどう動くのか――。
 この作品にあるのは、良くも悪くもそれだけだ。
 初代ゴジラにさえあった等身大の庶民のドラマは、ここには存在しない。逃げ惑う人々の姿がスクリーンに映ることはあっても、彼らのサバイバルをカメラが追うことはない。ヒーローもヒロインもいるのに、二人が見ているのは互いではなく、国家や未来だ。対策チームとして集った面々はいずれもユニークだが、仕事外のプライベートを通してその魅力が掘り下げられることなどない。
 言ってしまえば、『シン・ゴジラ』は娯楽映画の定石をきれいに投げ捨てているわけだ。
 娯楽映画の定石とは、観客の目線に立ったドラマ作りである。そして観客とは庶民である。庶民は小難しいことよりも遊びや恋愛を楽しみ、恐怖に悲鳴を上げ、悪に怒り、社会に揉まれて四苦八苦するものだ。そんな庶民が感情移入できるドラマを用意することが、娯楽映画には必要不可欠だと言える。
 けれどもそんな庶民の目を、『シン・ゴジラ』はきれいに切り捨てた。
 そして――とてもすごい映画に仕上がった。

 『シン・ゴジラ』の中で描写されるのは、徹底した「リアル」だ。
 日本政府の体制や、法制度、国家間バランスといった要素が、実際にゴジラが現れた時どのように作用するのか。まるでシミュレーションでも見せられているかのようなリアルさをもって描かれる。
 ゴジラが海から上がってくれば大量の小型船が河川上に押しやられてひしめく。物理的には当然の状況のはずなのに、これを忠実に再現した怪獣上陸シーンが今までにあっただろうか。
 画期的なことだが、ゴジラに核兵器が通用することが示唆される。放射能を摂取できるからといって、核爆発による超高熱が無効になるわけではない。
 ゴジラが口から吐く放射能火炎にも工夫がある。まずは赤い炎が噴き、徐々に温度が上がって白い熱線へと変わる。やがて熱線が弱まると再び炎状に戻り、消えていく。
 ……こういった徹底した「リアル」の追求こそが、たとえ庶民視点を切り捨てようとも、本作を一級品の映画にのし上げているのではないだろうか。
 要するに、尖っているのだ。『シン・ゴジラ』は。
 そして何より、尖っているものは心に刺さる。私にとっては、忘れられない一本になった。

 ただ――決して万人に受け入れられる作品でないのも事実だろう。
 それに、尖っているものは、たまに一本あるだけだからいいのだ。全部が全部尖ってしまったら、何も面白くない。
 もしまた次のゴジラが日本に上陸する日があれば、その時は純然たる娯楽路線のものが見てみたいと、そう思う。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ