FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第65話『建国!?魔猫の大鳥取帝国』 感想

 ……うむ。
 ↑ご当地ネタギャグに特に興味がないのでコメントに困っている人。

 今回の原作は「魔猫」。新編ゲゲゲの鬼太郎からの一本で、「石妖」や「麻桶毛」と同じく、この第六期版が初の映像化となります。
 ちなみに原作のストーリーはというと――。

 ――とある地方の小学校に赴任してきた、美人で優秀な女性教師・黒塚。しかし彼女の正体は、イギリスからやってきた猫妖怪・魔猫だった。魔猫は生徒達を洗脳し、いずれは日本そのものを支配しようと企んでいたのだ。
 そんな黒塚の正体を、ただ一人「見えないものが見える」少年・丸男だけが見抜く。だが周りの人間達は、クラスの落ちこぼれである丸男の言うことなど、誰も信じようとしない。丸男は鬼太郎に助けを求めようとするが、黒塚は生徒達を引き連れて丸男を襲撃。辛くも逃げ切った丸男は鬼太郎に助けられ、今度は鬼太郎が丸男に変装して(二人は顔立ちがよく似ている)学校に潜入し、黒塚に挑む――。

 ……ざっとこんな感じです。
 いわゆる霊感少年的なゲストキャラが出てくるのは(原作としては)珍しいですが、彼が黒塚の正体を知って孤立化する前半は、人間視点だからこそ、恐怖と緊張感のある展開を味わえるようになっています。
 そして後半では、この丸男が魔猫の九つの弱点を見抜き、それを鬼太郎に伝えるという、重要な役回りを担うことに。「新編」の男性ゲストの中でもこれほど活躍したのは、彼ぐらいではないでしょうか。そういう意味でも印象深い少年でした。

 ……で、今回のアニメ版ですね。
 まあ、ほぼ別物みたいな話だったわけですが(笑)。
 一応ストーリー自体は、原作の前半部分をアレンジした構成になっていて、丸男の役回りを庄司おじさんに。黒塚先生の役回りを県知事に置き換えた形になっていました。
 鬼太郎似の霊感少年と美人女教師――。この美味しい組み合わせを、なぜわざわざオッサン二人に変えてしまったのか(笑)。
 まあ、それはいいとしても(いいのか?)、ちょっと今回は置いてけぼり感が強かったなぁ……というのが率直な印象です。

 もちろん昨年も、この手のタイアップエピソードは存在していました。海座頭と蟹坊主の「境港二部作」です。
 この時もまあ、だいぶ露骨ではあったんですが、それでも海座頭は旧作の流れを汲みつつ舞台を境港に置き換えた内容でしたし、蟹坊主も水木しげるロードと絡めたオリジナルエピソードということで、個人的には「これもアリだな」と思ったわけですよ。アニメ版鬼太郎で境港が出てくるのも新鮮でしたし。
 ただ今回は……。いや、ご当地ゆるキャラとか、それもう水木先生とほぼ関係ないし。梨スイーツとか言われてもだし。
 うーん、なんか、内輪ネタで盛り上がっちゃってる現場を横から部外者としてボケーッと眺めているような、そんな感じの視聴になってしまいました。

 まあ、鳥取県自体は学生時代に旅行にも行きましたし、全然ディスるつもりはないんですけどね。
 お隣の島根県も、よく地味だのなんだの言われがちですけど、僕にとっては神話と小泉八雲っていう、とてもロマン要素溢れる県なんですけどね。

 ていうか、せめてゲスト妖怪も含めて、純粋なオリジナルエピソードにはできなかったのでしょうか。そうすれば、普通にコメディ回として受け入れることができたと思うのですが。
 こういう形で「魔猫」を消化されてしまったのは、正直もったいないとしか……ねえ。


 というわけで、今回はここまで。
 気を取り直して、次回は――「蒸発」!
 第六期では「霊形手術」に次いで二度目となる、鬼太郎作品以外からの映像化ですね。
 鳥取とのコラボがスムーズに行くことを祈りつつ(笑)、楽しみにしたいと思います。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第64話『水虎が映す心の闇』 感想

 今回の原作は「水虎」。昭和マガジン版でも初期の方に位置する作品です。
 古代の瓶に封印されていた水状の生物である水虎。それを掘り起こした少年が好奇心から水虎を飲んでしまい、夜ごと眠りながら外へ出ては、水虎のメスが封じられている古代塚を掘る――。
 この話のベースになっているのは、貸本時代の短編作品、「怪談 水妖鬼」。ストーリーラインは概ね「水虎」と同じですが、時代物だったり、水虎ならぬ水妖鬼が美女の姿をしていたりと、すでに「水虎」を読んでいても楽しめる一作になっています。

 一方歴代アニメ版では、「水虎」は必ず映像化されてきた定番エピソードの一つ。特に第五期では、記念すべき第一話を飾ったのが、記憶に新しいところです。
 ただ、水虎のキャラクターデザインが原作どおりだったのは、実は第三期のみ。第一期では虎の姿で描かれ、以降の第四期と、今回の第六期でも、それが踏襲されることになりました。
 ちなみに第三期は原作どおり……と言いつつも、戦闘中、しっかり虎に変身するシーンがあります。リアルタイムで見ていたチビッ子時代は分かりませんでしたが、実は第一期のオマージュだったというわけですね。
 なお、第五期では妖怪画バージョンの水虎(今回アイキャッチで使われたアレ)が採用され、歴代アニメ版の中で唯一、「虎ではない水虎」が登場することになりました。こちらのストーリーは、「水虎」と「地獄の水」の合わせ技といった感じで、水に紛れて迫るという水虎の特性が、存分に発揮されていました。
 さらに余談ですが、第一期の「妖怪ラリー」に登場した水虎は、外見こそ原作どおり(石燕ベースの水虎)ですが、先立って放送された「水虎」に登場したものと同一の存在――という設定になっています。

 ……と、以上も踏まえての第六期バージョン。
 実は第三期以降の水虎の中で、最も第一期を意識した水虎になっていました。
 第一期の水虎は、外見は虎そのもので、周囲の水分を手当たり次第に吸い取っていくという特徴を持っています。その規模たるや、歩いただけで大地がひび割れ草木は枯れるという、なかなかド派手な感じなのですが……さすがに第六期では、そういうスペクタクル方向には持っていかず(笑)。
 しかし、この特徴を持つアニメ版水虎は、第一期と第六期のみなんですね。これだけでも「第一期オマージュだな」と言えるわけですが――。
 もう一つ重要なのが、水虎の封印を解いた人間の存在です。

 第一期で封印を解いたのは、百合子という孤児の少女。深い穴の底から響いてきた謎の声に、誰かが助けを求めているものと勘違いして、穴の中へ。そこで水虎の封じられた壺を発見し、蓋を開けてしまう……という流れです。
 水虎は百合子に恩義を感じ、彼女をいじめていた村の子供を襲います。村人達は、百合子が水虎を操っているものと勘違いして、彼女を殺そうとしますが、そこへ再び水虎が現れて――といった具合いに、どんどん犠牲者が増えていきます。
 百合子にしてみれば、ほとんどトバッチリみたいなものですね。最終的には鬼太郎が仲裁に入り、村人達の誤解は解けます。その後、百合子は鬼太郎に協力して水虎を誘い出し、決闘の場となる雪山へ送るという役目を果たしました。

 ……で、今回の第六期版が、やはりこの第一期の要素を、だいぶ意識しているようなのです。
 今回、謎の声に誘われて封印を解いたのは、翔子という主婦。彼女は引っ越してきた小さな町で、家族ぐるみで陰湿ないじめを受けているという設定。この辺からして、百合子とは通じるものがありますね。
 水虎はそんな翔子の心の闇を見透かし、彼女を「解放する」という名目で、次々と町の人間を襲います。始めは復讐のために水虎を先導していた翔子ですが、水虎が彼女の指示に関係なく自分の家族までも手にかけたことで、ようやく自分の本心――すでに家族すら疎ましくなっていた――に気づくことになります。
 水虎は人間の心の闇を映して虎と化す。水虎を暴走させていたのは、自分自身の心そのものだった――。それを知った翔子は、自身の手で決着をつけるべく、冷却ガスボンベを武器に、水虎に立ち向かおうとしました。

 こうして比べてみると、百合子と翔子の間には、かなり共通点がありますね。
 女性。いじめの被害者。水虎から唯一襲われない存在。そして、水虎に立ち向かう存在――。ざっとキーワードを拾っていくと、こんな感じでしょうか。
 一方で相違点もあります。最も顕著なのは、年齢第一期の水虎が百合子の意志を無視して暴れたのに対し、第六期の水虎は、完全に翔子の意志を反映して動いていたという点ですね。
 要は、第一期の「百合子と水虎」を、現代的な視点とホラー要素を加えてリメイクしたのが、第六期の「翔子と水虎」だった――と言えそうです。

 余談ですが、第三期で水虎に取り憑かれた少年も、いじめられっ子という設定でした。
 彼が事件の中で勇気を手に入れ、過保護な両親やいじめっ子達にそれを示し、協力して鬼太郎を助ける――という展開は、子供心にとても気持ちのいいストーリーでした。余談終わり。

 ……というわけで、ストーリーそのものが第一期のオマージュに満ちていた気がする、今回のお話。
 分析はさて置き、改めて内容そのものを振り返ってみると――。
 あら意外とマイルドだったわね、といった感じです(笑)。
 いや、「主婦の自殺」とか「心の闇」とか、次回予告の時点で不穏なワードがバンバン飛び交ってて、「こりゃ絶対ドロドロした回になるわ~」とワクワクハラハラしていたんですよ。これまでも、縊鬼とか名無し編とか、結構ドロドロしてたじゃないですか。だから、またあの胃の痛くなるような展開が再来する! と覚悟していたら――。
 ……うん、割かしあっさり感。
 いや、確かに土下座させるおばさんとか胸糞だし、翔子さんは疲れ切った声が最高だし、社長はどう見ても893だし……なんですが。
 不思議ですね。「うわぁ……」と目を背けたくなる域までは行かなかったというか。
 社長一家の顔がコメディタッチだったからか。社長が893すぎて笑えるレベルだったからか。それとも、ミイラ化シーンがさほどショッキングじゃなかったからか。まあ、復讐展開ってのは見ていてスカッとするものですからね。「いいぞ翔子さん、もっと殺っちゃえ!」と応援しながら見れたってのも大きかったのかもしれません。
 なので、覚悟していたほどの陰湿回ではなく、気楽に見られるダークエピソードだった――というのが、今回の僕の大まかな感想です。はい。

 それにしても、鬼太郎は冷気だけしか吸わなかったですね。
 あのまま水虎も吸い込んで、体内で凍らせてほしかったです。←原作目線


 さて次回は、「魔猫」!
 新編から続々と初アニメ化が来ますね。嬉しいです。
 しかし僕のお気に入りの黒塚先生は登場してくれるのでしょうか。
 ではまた次回!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第63話『恋の七夕妖怪花』 感想

 今回の原作は「妖怪あしまがり」。収録された本によっては、「妖怪花」というタイトルに改まっているエピソードですね。
 ホテルの建設によって生息地を奪われ絶滅の危機に瀕した花の妖怪・妖怪花が、少女の姿となって宿泊客の夢に現れ、ホテルを壊させようとする――。そんな事件を発端に、妖怪花の味方についた鬼太郎と、ホテル側の用心棒である妖怪あしまがりとの対決を描いた一本です。

 このエピソードのタイトルが二つあるのは、「あしまがり」という妖怪名が障害者差別に引っかかるから――というのが理由だったようです。まあ、これを具体的に誰がどのように指摘したのかは分かりませんが、いわゆる「言葉狩り」に遭ったわけですね。
 そんなわけで、原作のタイトルは「妖怪花」に改題。アニメでは、第二期はそのまま原作どおりに放映されるも、以降の再放送が全面規制に。第三期ではタイトルに「あしまがり」の名を入れず、登場するご本人も「狸妖怪」「先生」などと呼ばれ、作中・クレジットも含め、本来の名前が一切出ないという徹底ぶりでした。その後、第四期、第五期でアニメ化されなかったのも、このような面倒臭い経緯があったからでしょうね。
 ただ実際のところ、「あしまがり」という妖怪名が特定の障害に関連しているわけでないのは明らかでして。そもそも「まがる」というのは、この妖怪の伝承がある四国の方言で、「邪魔になる」の意味。人の足に絡みついて歩行の邪魔をする妖怪だから、「あしまがり」なんですね。
 近年の鬼太郎本や妖怪本では、あしまがりの解説を入れる際には、上記の方言の件が一緒に書かれることが多く、妖怪周りの皆さんが誤解の払拭に努めていらっしゃることが窺えます。その甲斐あって、原作収録本では「妖怪あしまがり」のタイトルが再び採用されるようになり、今回のアニメでも、狸妖怪が無事「あしまがり」という名で復活。純粋に、良い傾向だと思います。
 今後も創作の場において、こういった「過剰な配慮」が改まっていくことを期待しています。

 ……と、前置きが長くなってしまいました。アニメの方の話に移りましょう。
 今回は妖怪花と言いつつ、登場したのは笹の精こと星華さん。妖怪花をベースにしたオリジナルキャラクターですね。万年竹の精と違って美人です。
 で、その星華と絡む今回の主役は……そう、ぬりかべ!
 というわけで、第六期としては初となる、ぬりかべメイン回でした。
 過去のシリーズにおけるぬりかべ主役エピソードと言えば、やはり真っ先に思い浮かぶのが、第三期の「純情ぬりかべとおしろい娘」ですね。第五期でも「奮闘!ぬりかべ用心棒」や「巨人!ゴーレムの涙」が記憶に残っています。
 そんな数少ない、しかしだからこそ印象強く残るぬりかべ回。その新たな一本となった今回は、まさかのガチな恋愛エピソードでした。

 いや、今回の話が恋愛ものになった理由は、ちょうど七夕の日がオンエアだったから――ということが大きかったのでしょうが、敢えてそこにぬりかべを据えたのは英断だったと思います。
 一見恋愛とは無縁の朴訥な非美男子系キャラクターだからこそ(第五期では妻子持ちだったけどな/第六期でもまなちゃんのストーカーになってたけどな)、こういう美少女とのカップリングは映えますね。
 そして「一夜限りの恋」という切なさもまたよし。僕的には、こういうタイプの恋愛エピソードは大好物です。
 一方で、悲恋だけれども、いつかまた再会できることを予感させる終わり方で後味もよく、ラストで自分をピカピカに磨いているぬりかべが可笑しく――と、素直に堪能できる良回だったと思います。満足!


 さて次回は――「水虎」!
 しかも主婦が主役で、いじめ問題が絡みそう。久々にガチでダークな予感がしますね。
 楽しみにしています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる アニメ 妖怪

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第62話『地獄の四将 黒坊主の罠』 感想

 今回の原作は「黒坊主」。前回の「豆腐小僧」同様、80年代マガジン版からのエピソードです。
 ……と言っても、ストーリー内容はほぼアニメオリジナルでした。そもそも今回の話自体が「地獄の四将編」の節目なので、そこは已む無しですね。ただ一応、黒坊主の「水に弱い」「絵に宿っている」といった一部の特徴は、原作からアレンジされた形で引き継がれています。
 ちなみに黒坊主が初めてアニメ版に登場したのは、第五期の「うわん」のエピソードの時。もっとも、そちらは完全にアニメオリジナル回だったため、原作「黒坊主」の映像化は(原作要素はほとんどないですが)今回が初と言えそうです。

 でまあ、以前もツッコんだんですけど、やはりこの黒坊主という人選ですね。
 名だたる悪妖怪が揃った「大逆の四将」の中で、一人だけ浮きまくりという……(笑)。
 いや、今回登場した黒坊主は実際に強敵でしたし(石動をピンチに陥れた敵は初めてですね)、水質汚染を広めるという極めて危険なやつだったのは間違いないです。それに原作でも、そこそこ強敵です。
 けどね。けどもね。

 鵺!      ←おお!
 九尾の狐! ←おお!
 鬼童!    ←ほお!
 黒坊主!  ←なんでやねん!

 ……ってなりますよ。だって「寝ている人妻をペロペロした」ぐらいしか伝承ないし。黒坊主。
 でまあ、一応手持ちの資料を見たりとかググったりとか、いろいろしたんですけど、黒坊主が水を血に染めた……みたいな伝承は見つからなかったし、特に大妖怪だという情報もなかったので、やっぱりこの起用は謎ですね。
 いったい何が黒坊主をこのポジションにのし上げたのか……。謎は深まるばかりです。

 もっともストーリーそのものは、二年目第一クールの終わりに相応しい盛り上がりでした。
 鬼太郎とねずみ男の関係を軸にしつつ、強敵とのバトル、そして石動との対立が描かれ、四将回収勝負は今回で1対1に。今後鬼太郎と石動の関係がどうなっていくのか。そして残る二将と、彼らを解き放った黒幕はどう動くのか――。
 個人的には、一年目に名無し編を見ていた時よりも楽しみだったりします(あちらは不穏だったりどす黒かったりで、ワクワク感とはちょっと違うイメージでしたからね)。
 あと、忘れちゃいけない「血戦小笠原」も待機している(と信じている)わけですからね。次クールからも期待していますよ!

 ところで「妖怪獣」に登場した女総理が再登場していましたね。
 あの時僕は、敢えて現実の総理に似せなかったことを英断だと思ったのですが、今回そこに時事ネタを絡めてしまったのは、少し気になりました。
 まあ、アニメの中では、「○○ミクスは総理が不正統計を利用して成功していたように見せかけていただけで、実は成功していなかった」という、現実とは異なるパラレルなものになっていましたが。
 ……これが現実そのままだと思っている層もいるのかしら。まあ、普通に生活していれば、金融緩和政策以降、経済状況が改善したぐらいは体感できるでしょうが……。
 もうね、アニメにしろドラマにしろ、ワイドショーそのままのいい加減な政治批判を風刺気取りで持ち込むのは、やめてほしいですね。

 ……と、話自体の水準は高かったのに、ツッコミと不満の方が、文少量が多くなってしまいました。感想書くのって難しい。
 あ、黒坊主の声は千葉繁さんでしたね。第四期のねずみ男です。これは嬉しいサプライズでした。


 というわけで今回はここまで。
 次回の原作は「妖怪あしまがり」。本によっては「妖怪花」に改題されている話ですね。
 ぬりかべ大活躍の予感……。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 告知 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ