キャラ花札

 そういえば先日届いた『モンスターハンター 狩札』。思っていたより地味な絵柄が多くて、むーんといった感じです。
 この手のキャラクター物の花札は、「いかに花札本来のデザインを分かりやすく再現するか」に加えて、「いかにキャラクターグッズとしての華やかさを出すか」という課題があって、この二点のバランスが非常に難しいわけですが、どうも『狩札』の場合、後者の要素が今一つ出しきれてないように思いました。
 桜の木の下にちょこんといるディアブロスやラギアクルス。申し訳程度に菊の中を走っているティガレックスなどなど。思い入れのある強敵達が、果てしなく地味~に描かれているのを見ると、ちょっと切なくなったりならなかったり。

 他に我が家にあるキャラ花札といえば、水木しげるキャラクターを題材にした『妖怪花あそび』二種と、ウルトラマンを題材にした『花めくり ウルトラマン』。どちらも絵柄のセンスが良かっただけに、今回も期待していたのですが……。
 ううむ、ちょっと残念。まあ、これだけキャラ花札が増えてくると、当たり外れも出てくるものですかねぇ。

 余談ですが、先日知人から見せていただいた某ゲームの同人花札。花札本来のデザインをアレンジしすぎて、プレイ不可能なレベルにまで昇華していましたが、絵はすごく美麗でした。コレクション用と割り切るなら、むしろこっちの方がアリかも。
 

tag : モンスターハンター ボードゲーム

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ