MHP3 「終焉を喰らう者」

 今週末に配信されるイベクエに向けて、イビルジョー戦を練習中、ふと出来心が湧いて、村最終クエスト「終焉を喰らう者」に挑戦してみることにしました。イビルジョー、ティガレックス&ナルガクルガの順に闘技場で戦う大連続狩猟です。クエスト自体はかなり前から解放されていたのですが、チキンなので今まで放置し、火山に籠ること数ヶ月。したがって、今回が初チャレンジとなります。
 そもそもジョーの時点で立ち回りが安定してないので、とりあえず様子見のつもりで……。
 
◆一戦目 大剣:暗夜剣【宵闇】
 まずは何より、「ジョーを倒さなきゃ先に進めない」ということで、普段ジョー戦で使っている「集中」「ランナー」「高級耳栓」「鉄面皮」の大剣装備で出撃しました。が、どうしても被弾が多く、回復薬漬けになりながら30分強でどうにか討伐。残り時間20分足らずで二頭同時はきついなぁと思いつつ、それでも物は試しと続行してみましたが……。
 とりあえずナルガから集中的に攻めてみたものの、斬って武器をしまっている間にティガが突撃してくるという鬼畜仕様の前にはどうにもならず。1落ち後、残り時間1分になりかけたところでリタイアしてしまいました。
 ここで「よしまた今度にしよう!」となれば、話は終わったのですが……。


◆二・三戦目 弓:漠浪弓【豊穣】
 どうも反省点が見えすぎて、後に引けなくなってしまいました。思うに、

・イビルジョーに手こずらない。
・ティガとナルガをきちんと分断する。
・どのみち乱戦になる可能性が大なので、武器相性を考慮する。

 この三点です。特に下二つ。今こそ煙玉を使うべきではないかと。さらに、大剣はいちいち納刀動作を挟む必要があるので、乱戦に持ち込まれた時のきつさは相当なもの。ならば納刀動作が必要ない武器で行くべし。……ということで、弓を選んでみることにしました。
 しかし二頭を同時に相手取った場合、狙いを定めて放つ連射・貫通よりも、向きだけ合わせての水平射撃でヒットが狙える拡散の方が使いやそうです。
 そこで選んだのが、この龍属性の拡散弓。強撃ビンが使えないという大きな弱点こそありますが、ジョーとティガの弱点を突ける点を考えると、決して力不足ということはなさそうです。
 ただ……二頭以前の問題として、拡散弓でジョーはどうなのか、と。この辺をちょっと確かめてみようと、アイテムは持たずに、一度試し撃ちに行くことにしました。
 スキルは「散弾・拡散矢威力UP」「スタミナ急速回復」「集中」「火属性攻撃強化+1」。なぜ火属性なのかと言えば、単にセレーネ用装備の武器を持ち変えただけだから。はい、テキトーです。
 で、完全に練習モードの二戦目。0分針で落ちてリタイア。いえぃ。

 三戦目はもうちょっと何とかしようと、本気で挑んでみました。防具はそのまま(ダメじゃん)、アイテムに煙玉調合分、閃光玉、眠り生肉、大タルGなどを導入。
 肝心のジョーとの相性ですが、確かに漠浪弓の扱いづらさは否めません。拡散のクリティカル距離維持は危険。振り向き狙いの狙撃では全弾ヒットが難しく、集中のおかげで溜め2の貫通主体も微妙に難しいという、マイナス点ばかりが目立つ状況です。
 それでも、何となく攻撃のよけ方を理解できてきたこともあってか、無事討伐。まあ、30分かかりましたが……。
 その後ティガ・ナルガコンビが登場。「じゃ、さっそく煙玉で……」と思ったら、意外と早く効果切れやがんの、これ。
 じゃあ手慣れた閃光玉で……って、調合分持ってきてないし。
 挙句2落ちし、さらに轢死寸前まで陥ったので、「絶望」と書いて「リタイア」と読んだよ。いえぃ。


◆四戦目 弓:王牙弓【稚雷】
 悔しくて後には引けず、さらに挑戦を重ねることにしました。
 三戦目で感じたのは、弱点属性の曲射が意外と有効であるということ。これは乱戦時にも威力を発揮できそうです。だったら拡散弓にこだわる必要もなく、いよいよ真打の登場となりました。三匹共通で有効な雷属性を持つ、ジンオウガ弓です。
 さらに防具ですが、「集中」「ランナー」「貫通弾・貫通矢威力UP」「攻撃UP【大】」「最大数生産」の発動する、裏影縫(ナルガ亜種の弓)用の装備があったので、これを装飾品で調整。攻撃UPを小まで落とした代わりに、「捕獲の見極め」を発動させ、時間短縮に繋がるようにしてみました。
 そして持ち物は、以下のとおり。

 ペイントボール・回復薬G・元気ドリンコ・爪&護符各種・調合書1~4・モドリ玉・閃光玉・素材玉・ドキドキノコ・光蟲・強撃ビン・空きビン・ニトロダケ・シビレ罠・トラップツール・雷光虫・捕獲用麻酔玉・こやし玉

 捕獲セットに加えて閃光玉調合分もあり、もはや準備万端。こやし玉はジョーさんにアグアグされた時のための保険です。よだれが付くぐらいならキャンプに戻ればいいだけですが、拘束はきついので。
 で、この時点で重大な忘れ物にはまったく気づいてませんでした。はい。

 いよいよ本番。まずはジョーから。
 さすがに雷属性貫通弓という好相性な武器をもってすれば、戦いも有利になります。被弾はそこそこ、いや割と、いやかなりあったような気もしますが、モドリ玉があるから大丈夫。ついでにキャンプでビンと薬の調合も済ませ……あれ?
 実はとんでもない失態をしでかしていました。被弾が多い自分にとっては、致命的な失態を……。
 一気に緊張感が高まります。が、よく考えてみれば、闘技場にも薬は落ちているはず。だったら急いでジョーさんを倒してしまおうと、勇気を出してクエスト続行。その後ちょうど20分になったところで、どうにか0死のまま捕獲が完了しました。
 さあ、採取です。

 応急薬を手に入れた
 携帯食料を手に入れた
 携帯砥石をry


 グレートも粉塵も皆無って。そして捕獲されたジョーさんからは、当然お薬は剥ぎ取れず。
 しかし考えてみれば、残り時間はまだ30分あります。じっくり焦らず立ち回れば、もしかしたら光明はあるかもしれません。なので気を取り直して、後半スタート!

 スタートして理解しました。じっくり焦らずなんて無理。
 とりあえず敵の攻撃力の差から考えて、ナルガを相手にしながらティガの攻撃を貰うより、逆の方がまだマシだろうと。なので最初はティガを集中的に狙います。もっとも、割とすぐにグチャグチャになってくるので、モドリ玉で逃げます。もうこの繰り返し。
 頼みの綱の閃光玉は、相手に耐性が付くので、数個投げたら後はほとんど役立たず。せいぜい「ミギャー」とかいう悲鳴が一瞬聞けるぐらいです。聞けてもねぇ。
 ただ、何となく感じたのは、相手がスタミナ切れを起こした時の立ち回り方。へばっているティガやナルガを見ると、つい攻撃したくなりますが、ここは元気なもう一頭に意識を集中するべきだな、と。疲労状態って、要は半拘束状態にあるわけで、閃光玉や罠で足止めしているに等しい状況なんですね。
 ……なんて生意気なことを考えているうちに、「体力1ミリでトゲ弾超回避」みたいな名人芸を成功させて、急いでモドリ玉で逃げるなんて微笑ましい一幕もありましたが、何だかんだで結局1落ち。薬の調合素材を忘れた時点で予感はしてましたが、もちろん秘薬も家に置き忘れていました。いえぃ。
 こちらの体力は100。おまけにガンナー装備とあっては、ワンミスが死に繋がる状況です。こうなると、リタイアかチャレンジかの天秤も、消極的な方向に傾きつつあるわけですが……まあ、あと1回は落ちても大丈夫なんだし、一応やってみようかな、と――。
 そう思ったのが功を奏したのでしょうか。かなりチキンな立ち回りをしているうちに、残り時間8分を切った辺りで、ティガのペイントが白く点滅を始めました。
 捕獲できる! ってことで、急いで罠を設置。そこへ猛然とジャンプしてくるナルガ。やめてー!

 ……セーフ。

 ほぼ一歩の差でシビレ罠を踏まずに済んだナルガ。そこへ本命のティガが突進を繰り出してきて、無事片方の捕獲に成功しました。
 さあ、あとはナルガのみ。これまでの戦いで、向こうもそれなりにダメージを負っているはず。ノーダメージ目標で立ち回れば勝てる!
 そして忘れちゃいけません。ナルガクルガと言えば、今作では自分がドスジャギィに次いで乱獲してきたお得意モンスター。「渓流の隠密部隊」連戦の記憶を呼び覚ましながら、リアル「力の解放」を発動して、弓でビシビシ攻め立てた結果――。

 ペイントが白く変わり、捕獲に成功したのは、クエスト開始から46分46秒後のことでした。

 かくして村クエはすべて終了。勲章やら虹色やら、諸々をいただきました。満足。
 肝心の報酬はしょぼかったです。ジョーの尻尾が大量にあったけど、何だこれ。
 

テーマ : モンスターハンターポータブル3rd
ジャンル : ゲーム

tag : モンスターハンター

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ