スカイライン

 ぼちぼち公開終了しそうだった『スカイライン -征服-』を慌てて見てきました。
 チラシを見た時のイメージから、絶望だけで救いのない『宇宙戦争』みたいなのを期待していたのですが……。

 (以下そこそこネタバレ) 


 うーん、確かにハッピーエンドではないんですが、それはあくまで「主人公達の身に起きたことが救いない」のであって、私の期待していた「世界規模での絶望」ではなかったんですよ。そこがガッカリで。
 舞台を一つのビル(しかも人少ない)に限定したのが原因かもしれません。結果、大規模なようでいてそれほど大規模にも見えないという、妙なことに。

 まあ、「俺の想像していたのと違うから、この映画は駄目だ!」何て言うつもりはまったくないわけですし、実際に視覚効果の部分では大変楽しめました。侵略者のデザインも結構好きです。特に、一部がタコ型なのがいいですね。「人間の脳味噌を食べるタコ型宇宙生物」なんてのも、現代のセンスで真面目に撮れば、きちんとした絵になるわけですよ。

 ……ただですね。今やSF映画は「視覚効果は凄くて何ぼ」の時代ですので、やっぱり人間ドラマの部分はしっかりさせてほしかったなぁ、と思うわけです。特に、「敵に逆転勝利する」という純粋なカタルシスの存在しないストーリーですから、今回みたいに普通にやっても盛り返せる要素がない。
 ドラマ部分だけ見れば、恋愛物としての側面が強いので、そちらを突き詰めてもよかったのではないでしょうか。いや、べつに絶望的サバイバルでもいいんだけど、それならそれで、いまいち黒さが足りない気がします。

 あと、変身人間ネタは正直いらない気がしたよ。うん。

tag : 映画 モンスター

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ