化け猫さん

 先日、原宿の太田記念美術館で開催されている『浮世絵猫百景』を見てきました。
 猫が描かれている浮世絵を集めたということで、戯画が多めな印象を受けましたが、個人的なお目当ては化け猫の絵。老婆に化けていたり尻尾が分かれてたりする猫多数。この辺は、主に怪猫物の歌舞伎を絵にしたものが中心です。舞台の背景に当たる部分に巨大猫がデンと居座り、凄まじい形相で手前を睨んでいる様は、なかなかキュンと来るものがありました。
 化け猫以外で目を引いたのが、『通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 扇屋内花ぞの』と題された絵。これ、帯にじゃれつくいたずら猫に、花魁が煙管を振り上げて応戦しようとしているシーンが描かれています。何でも『水滸伝』の登場人物である武松がトラと戦った場面を、花魁と猫で再現したものだとか。
 他に、鵺退治のシーンを美人と猫で再現した絵もありました。こういうのを見ると、「ああ、いつの時代でも発想は変わらないんだなぁ」などと思ってしまうわけです。今や何でも美少女化する時代ですが、結局同じことは江戸時代からおこなわれていた、と……。
 いや、むしろおこなわれすぎて、ネタ切れ感がすごい昨今ですよ。
 こないだツチノコ擬人化しようとしたら、編集さんに止められたよ。なんてこった。
 
 

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 妖怪

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ