映画見てきた

 映画が1000円で見られる日だったので、『アベンジャーズ』と『プロメテウス』を見てきました。

(以下ネタバレル)


◆『アベンジャーズ』
 もともとアメコミに詳しいわけではないので、ほとんど興味本位での鑑賞。
 うん、楽しかったです。王道の娯楽映画。ただし「人気ヒーローの競演」が売りである以上、こちらも事前に予習して、最低三人ぐらいはキャラに愛着を持ってから見た方が、より楽しめたと思うのでした。
 ……と書くと遠回しな批判に見えてしまうけど、これは自分の鑑賞姿勢に対する反省点です。誤解無きよう。

 個人的に一番の見所だったのは、ビル街で繰り広げられる各ヒーローの無双がワンカットで展開される場面。今やCGで驚く時代でもなくなっているとは言え、やっぱりああいうカタルシスを煽られるシーンは、見ていて気持ちがいいですね。
 あと強いんだかヘタレなんだか分からないロキさんがツボ。最後ボロ雑巾扱いで酷すぎる(笑)。ハルクさん自重してください……って言っても無理か。ハルクさんだもんな。
 惜しむらくは、敵へのフィニッシュを全員の協力という形で見せてほしかったこと。ここだけがちょっと不満でしたが、あとはほとんど満足の行く作品でした。

 エンドロール後のおまけ映像は、会場でじわじわと笑い声が。
 あれは、「アイアンマンが『行きたい』と言っていた店に、事件解決後みんなで入ったら、思ったほど美味しくなくて全員無言」という解釈でよろしいでしょうか。


◆『プロメテウス』
 監督が『エイリアン』の人だというのは知っていましたが、この作品まで『エイリアン』だったとは知りませんでした。
 うーん、映像は凄い。いや、凄いっても今時の大作SFじゃ当たり前のことなので、そこプッシュしてもしょうがないだろって気もする。ストーリーは何か深そうなんだけど、じゃあどの辺がどう深いのかというと、何が何だかさっぱり分からない。むしろ何も考えずに作っちゃってる気がしなくもない。

 人類の起源は早々に判明。
「実は宇宙から来た人でした」
「そいつらは地球人を滅ぼすためにエイリアンを作りました」
「この惑星は宇宙人の母星ではなく、エイリアンを培養するための軍事基地でした」
「なぜ彼らは我々を作り、我々を滅ぼそうとしたのか。彼らの母星へ行って確かめよう(キリッ)」
 そして次回へ続く。えー?

 見所その1。半裸で腕立て伏せするねーちゃん。
 見所その2。おめでとうございます。元気なイカですよ。
 見所その3。とりあえずお腹ホチキスで縫っときますね?
 見所その4。ZZI無理すんな。
 見所その5。超巨大フェイスハガー VS 真っ白マッチョ(人類の起源)。
 見所その6。それ横に逃げれば助かるんじゃね?

 なんかもういろいろとおかしい。仮にストーリーが一本筋を通していれば、まだ高難度のオモシロ馬鹿映画になっただろうに、話が中途半端だからどうにもスッキリできない。
 これエイリアン絡めないで単発作品として作るか、いっそ開き直って最初から『エイリアン0』として作った方がよかったんじゃないでしょうか。そうすれば、少なくとも脚本の段階で内容が変わっていたはずですから……。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画 モンスター

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ