『リバース;エンド』 登場人物紹介

 怒涛の宣伝モード継続中。
 今回は『リバース;エンド』より、主な登場人物を紹介したいと思います。
 ちなみにキャラ絵の方は、公式ページやらPVやらで見られるので、そちらも併せてご覧くださいませ。

 http://www.sneakerbunko.jp/

※以下、各紹介文の後にある☆は、キャラクター作成上のこぼれ話とかです。


◆星宮勇輝 (ほしみや ゆうき)
 平凡な高校一年生。隣家の少女・天永紗耶香に恋をするも、彼女が抱える「ある事情」から、なかなか恋人同士になれず、満たされない日常を送っている。
 学校では図書委員会に所属。趣味は物語を空想することで、その内容は勇輝の秘密のノートに書きつづられている。ちなみに空想内での主人公は勇輝自身。そしてヒロインは紗耶香。舞台は異世界で、主人公には特殊能力があって、それを駆使してヒロインを守る……というのが主な内用。あまりに痛すぎるので、だから秘密なのである。
 しかしそんな勇輝の平凡な日常は、謎の少女・パラドクスの登場によって、終わりを告げることとなる。紗耶香に死の危機が迫る時、勇輝の空想は現実と化す――。

☆主人公願望の強い、等身大の少年を目指しました。ある意味ベタな方向に走ったので、今まで書いた主人公の中でも、最も感情移入しやすいキャラになったのではないかと思います。


◆天永紗耶香 (あまなが さやか)
 勇輝の家の隣に住む美少女。ガールフレンド以上、恋人未満。勇輝に惹かれている素振りを頻繁に見せるも、ある事情から「好き」という感情に怯えを抱いており、あと一歩のところに踏み込めないでいる。
 性格はおとなしめだが、子供っぽい無邪気な一面も持つ。そして、ちょくちょく拗ねる。拗ねた顔が可愛いと、もっぱらの評判である。また、やや世間知らずなところもある。
 一人暮らしで、寝坊癖あり。朝はいつも勇輝に起こしてもらっている。寝ている間は、自分が死ぬ夢を頻繁に見るが、それが何を意味するのかは、紗耶香自身もよく分かってない。

☆「守ってあげたい正統派ヒロイン」がコンセプト。恋人になり切れないという要素こそ持っていますが、いわゆる「ツンデレ」にはならないように気を付けました。不器用で不安定だけど、心底懐いているところが見せられれば、と。


◆諏訪睦姫 (すわ むつき)
 紗耶香の幼馴染。柔らかな笑顔と柔らかな胸が印象的な、心優しい少女。勇輝や紗耶香のクラスメイトでもある。
 勇輝と紗耶香の仲を応援してくれるが、その背景には、紗耶香の「好き」という感情を取り戻したいという願いがある。その一方で、時おり勇輝の気を引くような素振りを見せることも……。ただし「浮気はダメですよ?」がモットー。真意は不明。
 勇輝と紗耶香の心強い味方として、二人の支えになる。

☆読者に好かれるキャラにしたいと思いながら書いていたら、どんどんあざとい方向に走っていきました。当初は彼女絡みの萌えネタが豊富に盛り込まれていましたが、作品の雰囲気にそぐわないという理由で、大幅にカットされています。申し訳。


◆滝野優衣 (たきの ゆい)
 勇輝のクラスメイト。中性的なしゃべり方と、人を食ったような態度が特徴的だが、外見はモデル並みの美人。そして学園の生徒会長でありながら、いつもサボっている。
 図書委員の享子と仲がいいため、サボり中は頻繁に図書室に入り浸っている。おかげで勇輝とも親しい。ただし優衣自身が本心を見せないタイプであるため、勇輝の方は、「親友というレベルにまでは至ってない」と考えている。
 なぜか「悪の生徒会長」になりたがっている。趣味はウサギ(ただし発情中に限る)の観察。

☆このシリーズを立ち上げるまでの試行錯誤の中で生まれた、お気に入りのキャラクターです。したがって、彼女が登場人物に含まれる没プロットが、密かに大量に存在しているわけです。ちなみに初期のコンセプトは、「女版・灘英斗」でした。


◆深山享子 (みやま きょうこ)
 勇輝のクラスメイトであり、同じ図書委員仲間。中学生並みの外見に、緩い表情と緩いしゃべり。そして「にへへ」という笑い方が特徴。ちなみに、隠れメガネっ娘である。
 勇輝とは小説の趣味が合うため、非常に仲がいい。また、彼より早生まれであることから、「おねーちゃん」を自称する。が、繰り返し言うが、外見は中学生である。
 父親は有名なファンタジー作家であり、その血ゆえか、享子自身も非常に創作力に長けている。そのため、勇輝も彼女には一目置いていたのだが……。

☆こっそり別シリーズと繋がっているキャラクターです。詳しくは「深山享子」でブログ内検索。今までは二十代でしたが、今回は若返っていただきました。


◆パラドクス
 ある日勇輝の前に現れた、謎の少女。「矛盾論理」を意味する「パラドクス」という単語を名乗り、一人称は「パラ子」。見た目は女子小学生で、いつも無邪気な笑みを浮かべているが、その子供っぽいしゃべり方とは裏腹に、何を考えているのかよく分からないところがある。また時おり、理解不能なSF的理論を語る。
 人の夢に介入する力を持っており、夢の中では衣装がレオタード状に変わる。これが本来の姿……かどうかは不明。そもそも正体そのものが不明である。
 勇輝を並行宇宙に送り込み、紗耶香の死を回避しようとする。理由は、やはり不明である。

☆何もかもが不明な人。一筋縄では行かない魔性的な性格を強調するため、子供の姿という設定になりました。ちなみにコスチュームの方ですが、背中がガッツリ開いています。


◆ティンダロス
 正式には「ティンダロスの猟犬」。ホラー小説に登場する有名なキャラクターであり、本来は実在しないはずだが、ある理由から、「紗耶香に死をもたらす存在」として姿を現す。
 見た目は巨大な漆黒の猟犬。ただし目鼻はなく、牙だらけの口が尾の先端まで裂けているという、異様な外見をしている。
 このティンダロスを排除することこそ、勇輝に課せられた使命である。

☆敵です。名称や外見等は、敢えて原作無視の方向で。ティンダロスの猟犬というよりも、イギリスの伝承にある黒妖犬のイメージが強くなりました。
 

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : リバース;エンド 告知

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ