パロディを仕込む

 小説にパロディネタを仕込む場合、主に二つのパターンが考えられます。
 一つは、読者が理解できるようなネタを分かりやすく仕込む、サービス的パロディ。
 もう一つは、作者やごく一部の読者にしか理解できないようなネタをさりげなく仕込む、自己満足的パロディ。

 『リバース;エンド 恋する次元連死』では、前者が二点、後者が二点あります。
 前者は、『エ*リアン』と『ウル*ラセブン』ですね。露骨にパロディだと分かるように書いてあるので、すぐに判別できるかと。
 後者は秘密です。

 ……44ページの3行目と、153ページの6行目にあります。
 でも、元ネタはやっぱり秘密です。


 ここまで書いてから、ふと思った。
 深山享子は存在自体がパロディかもしれない。
 

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : リバース;エンド

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 小説雑感 PSP マキゾエホリック ボードゲーム ウルトラマン DS 世紀末オカルト学院 3DS 相棒 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ