恒例の神保町

 昨日と今日は、本とカレーの町・神保町で開催されているブックフェスティバルに、遊びにいってきました。
 お目当ては「本の得々市」。ちょっと傷んだり古くなったりした新品が安く手に入るかもしれないので、本好きには嬉しいイベントです。
(ちなみに、私の仲間内であるところの『全日本妖怪推進委員会』も、こちらで毎年ブースを出しています。お見かけの際にはよろしくお願いいたします。)

 今年は新紀元社さんのブースにて、ファンタジー関係の本を2冊購入。
 『幻獣ドラゴン』 1748円(税別)→ 500円
 『武器事典』 2427円(税別)→ 1500円

 どうです、この安さ。特に『幻獣ドラゴン』。
 確か私が高校生ぐらいの頃に図書館で読んで、「これ新品で買いたい!」と思ったものの、その時点で地元の書店はおろか神保町ですら発見できず……。当時はもちろんアマゾンなんてなくて、もう手に入らないものと思って諦めていたのに、まさかここで巡り合えるとは。
 嬉しかったので迷わず購入しました。今年一番の掘出し物です。

 『武器事典』の方は、執筆用の資料として。
 ……資料ということは、新作で参考にする可能性が大ということですね。さて、何を書くつもりでしょう。

 それと三省堂さんのブースで、国語辞典を買いました。
 今まで中学時代に買ったやつを粘って使い続けていたのですが、さすがに時代的にきつくなっていたので、ここでついに新調。いや新調っても、版は今書店に並んでいるやつより一つ前なんですけど(だから安い)。

 『新明解国語辞典 第六版』 2900円(税別)→ 1500円 → 1400円

 ちょうど雨が降っていたので、タイムセールとして1400円にしてくださいました。
 ちなみに三日目の終わり際だと、もっと安くなる可能性がゲフンゲフン。

 今や、ちょっとした単語はネットで簡単に調べられる時代ですが、手元に辞書が一冊あると、それだけでだいぶ違うんですよね。一時期は電子辞書も使ってたんですが、私なんかはボタン押すよりページ捲った方が早いので、分厚い紙の辞書が安定します。

 得々市で買ったのはこれぐらいで、あとは普通の書店で何冊か本を購入。

 『妖怪スタジアム』(岩崎書店)
 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編4』(小学館)
 『マーケティングの基本』(日経文庫)
 他、ライトノベル二冊

 『妖怪スタジアム』は、町中を這っているわいらの挿絵に惹かれて購入。著者は梶尾真治さん。ジャンルとしては、児童向けジュブナイルになるのでしょうか。
 F全集は、「そういえば『ヒョンヒョロ』持ってないなぁ~」と思って、突発的に購入。他にこの全集シリーズでは、オバQとドラえもんも集めていたのですが、途中で止まっています。何巻まで買ったかな……。
 日経のは、完全に新作用の資料として買いました。『武器事典』と合わせて何書く気だよって話ですね。秘密です(にっこり)。
 ラノベ二冊は、参考用として読んだシリーズの続きが気になったので購入。何かは秘密です(にっこり)。

 そんな感じで、久々の大量購入となりました。
 フェスティバル自体は明日までやっていますので、もしご興味のあるかたはぜひ。
 (雨だと中止なので、そこだけ注意しつつ……)
 
 

tag : 妖怪 小説雑感 モンスター

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ