怪物映画レビュー 『ゴースト・シャーク』

原題:GHOST SHARK
2013年・アメリカ

 フィッシング大会に乱入し参加者の獲物を横取りしたホオジロザメ。怒った参加者に銃をぶっ放され、激辛ソースを食わされ、銛を突き刺されたサメは、瀕死の重傷を負って、灯台近くの洞窟に泳ぎ着いた。そこは死者が蘇るという呪われた地。さっそくゴーストと化したサメは、大会参加者を容赦なく食い殺し、ついでに特に理由もなく町の人々を襲い始めた。
 排水管、飲み水、雨の中……。水のある場所ならどこにでも現れるサメによって、町はすっかりスプラッター。デブも悪ガキもビキニギャルもみんなお陀仏。そんな中、友人達を悪霊ザメに殺された高校生の主人公一同は、このサメの除霊を試みようとする。だがそのヒントとなる魔術書は、すでに博物館から盗み出されていた。
 盗んだのは、洞窟の秘密を知る灯台守の偏屈オヤジだ。主人公達は彼と協力してサメを葬ろうとするが、その最中に雨が降り始める。周囲の空間すべてがサメフィールドと化す中、果たして一同は、このサメを地獄に送ることができるのか!


 正直、素直に感心しました。このアイデア。サメ映画なんか大概マンネリだけど、ゴーストにしたら新しいんじゃないかって。そりゃまあ、間違いなく新しいです、たぶん(でもサメゾンビとか、探したらありそうな気も……)。
 体が青く光って透けてて、あらゆる場所に現れる悪霊ザメ。そんな化け物の暴れっぷりがとても爽快なんですが、そいつの犠牲となる町の人々の腐れっぷりもなかなかステキ。高校生って設定なのに、見るも無残な脂肪と薄毛で肉体を飾る、必殺技が「肉爆弾」な少年。どう見ても小学生なのに、水遊びを邪魔されただけで、チンピラ丸出しで絡んでくるクソガキ。同じく小学生のくせに車を運転してビキニ洗車の店に行き、美女を眺めてヘラヘラしてるマセガキ……おっと、こちらは食われたのはビキニギャルの方でした。合唱。
 さらには息子を失ってサメ退治に乗り出した市長も、「復讐ではない。するべきことをするだけだ。それが正義だ」なんてかっこいいことを言いながら、便器にめり込んでご臨終。この市長、結局何の伏線にもなれない、果てしない無駄死にキャラでした。一瞬だけかっこよかったのになぁ。

 そして、犠牲あるところには常に水あり。サメが人を襲うためには水が不可欠ってわけで、いかにそこら辺に水場が強引に作られるかも、この映画の見所の一つ。火の点いたタバコを屋内のゴミ箱に入れたらスプリンクラーが反応してガオーッ!とか、ウォーターサーバーの水を飲んだら体を内側から引き裂いてサメがコンニチワ、とか。
 しかもこのサメ、一箇所に留まらず、短時間で本当にあちこちに出やがります。海にいたと思ったら町に出て、また海に出て。もう位置関係とか関係なし。だってゴーストだから。いや、脚本がテキトーなだけかもしれんけど。

 個人的には、水木しげる先生の『地獄の水』系の話を思い出しました。そういう意味では、「あらゆる水場が危険になる」っていう発想は既視感のあるものでしたが、なかなか楽しめるB級サメ映画だったと思います。マル。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : モンスター 映画

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ