ヤエちゃんの妖怪大事典・番外編4 見越し入道

見越し入道【みこしにゅうどう】

【出身地】 全国
【出没地】 道

 道を歩いている人の前に現れて、見上げれば見上げるほど巨大化するという大入道の一種。「伸び上がり」や「次第高(しだいだか)」など同類も多い、メジャーな妖怪なのです。
 対処法は地域によって様々で、見上げずに見下ろせばいいとか、「見越し入道、見抜いた」と唱えるとか、差金で高さを計ろうとすると消えてしまうなどと言われています。
 正体は狸だったりイタチだったり。また江戸時代の黄表紙(今でいうラノベみたいなもの)の中では、妖怪の親玉として活躍することも多かったのです。……あれ、じゃあ実はヤエこそが妖怪王に相応しいってことですか?

※このコーナーでは、『異世界妖怪サモナー 2』で触れた妖怪のうち、ページ数の都合で解説が載せられなかったものを掲載していきます。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 妖怪 異世界妖怪サモナー

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS 相棒 カクヨム 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ