世界妖怪図鑑

 中和のためにこんな記事も書くのです。

 佐藤有文氏の『世界妖怪図鑑』が復刻ですって!
 いやはや、土曜日に本屋行ったのに、帰ってから知りましたよ。知ってたら絶対買ってたのに!

 そもそもですね、昭和の児童向け妖怪図鑑ってのは、「ライターさんが考えたオリジナル妖怪」の宝庫だったわけです。
 その代表格と言えるのが、この佐藤先生の『世界妖怪図鑑』。モズマとかランスターとかイバクとか、「こんなの初めて見たー!」ってな不思議な妖怪がいっぱいで、非常に楽しい。ところが僕、この本持ってなかったんですよ。なぜかプレミア価格だったから。
 一応後年になってから発売された、同じような妖怪をラインナップに入れた別の図鑑は持ってるんですけど、やっぱオリジナルこそ正義ですからねぇ。これは買わねば。ねば。ねば。

 ちなみに、この手のオリジナル妖怪でも、れっきとしたノンフィクションの存在(『異世界妖怪サモナー2』あとがきより)ですからね。
 こういうのが「実際に伝承があるんだ!」ってことにされて、後々の妖怪本にどんどん広がってったんだから、ほんとカオスですよ妖怪って。
 そこがいい。うん。

tag : 妖怪 異世界妖怪サモナー

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ