FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第4話『不思議の森の禁忌』 感想

 今回は、セミレギュラーキャラの裕太を軸に据えた、オリジナルストーリーでした。
 とは言え、「子供が妖怪の世界に迷い込み、鬼太郎に案内される」というプロットは、実は児童書版の鬼太郎作品では定番だったりします。まあ、そちらの鬼太郎と違って、今回のアニメ版の鬼太郎は、かなり渋々のガイドでしたが(笑)。

 メイン舞台はゲゲゲの森。
 妖怪達が集う自然豊かな森――という設定はいつもどおりですが、第六期でははっきり「異世界」として描かれています。
 鬼太郎の住み家が人間界から隔離されていた例は、他に第五期があります。あちらは妖怪横丁という独自の舞台が用意されていましたが、鬼太郎の住む森ともども、人間界とは異なる場所に存在していました。
 一方で第三期までは、人間が鬼太郎の家を訪ねるというシチュエーションは、決して垣根の高いものではありませんでした。特に第三期では、ユメコちゃんが頻繁に鬼太郎の家に遊びにきています。当時のゲゲゲの森は、あくまで「人間の世界とは地続きのもの」として描写されていたようです。

 話を元に戻して、今回の新生・ゲゲゲの森ですが――。
 人間に友好的な妖怪も、害のある妖怪も、区別なく暮らしているようです。
 これまでのゲゲゲの森は、どちらかと言えば「鬼太郎の仲間が集う場所」という側面が強く、ある種のアットホームさが前面に出ていました。
 しかし今回の話では、純粋な妖怪の世界としての要素が目立ちました。森の住人すべてが鬼太郎の仲間である、というわけでもないようです。山じじいの住み家を鬼太郎達が急いで通り抜けようとしたところなど、好例でしょう。
 で、その山じじいが裕太に木の実を奪われ、怒って巨大化。鬼太郎達に襲いかかります。
 そう、何と今回の対戦相手は、山じじいでした。

 山じじいと言えば、水木先生が初期の頃から描いていた妖怪で、原作でもコマの片隅に頻繁に登場していました。
 ただ、言うなればほぼモブキャラ扱い。名前付きで登場して鬼太郎と戦ったのは一度きりで、それも児童誌にのみ掲載され長年単行本に収録されてこなかった、超レアエピソードという……。
 もっともアニメの方では、第四期の終盤エピソード、「鬼太郎対三匹の刺客!」で大活躍(?)しています。コメディ編の名作なので、未見のかたはぜひ。
 ――で、今回の山じじい。
 巨大化して森に聳え立ち、樹々の中から無数の腕を伸ばして襲ってくる様は、まさに森の権化といったところ。特徴的な頭部の質感や配色が、まるで乾燥した植物のようで、とてもよいデザインに仕上がっていたと思います。
 最後は木の実を返されておとなしくなり、裕太の手に×印をつけて放免しました。
 この×印。ただ付けただけで終わりとも思えないので、今後何かの伏線になるのでは……と個人的には睨んでいますが、果たして。

 一方、今回は他にも、油すましとべとべとさんが登場しています。
 油すましは、原作では80年代マガジン版以降、鬼太郎ファミリーの一員に加わっています。アニメ版でも第三期地獄編でレギュラー入り。第五期でも妖怪横丁の仲間の一人になっていました。
 果たして第六期では、今後出番が与えられるのでしょうか。期待半分で見守りたいと思います(←半分言うな)。
 一方べとべとさんは、アニメ版鬼太郎できちんと出番が与えられたのは、案外今回が初めてな気もします。たぶん。
 実写映画版では少しだけ登場していましたね。透明な質感が印象に残っています。

 そして、もう一体。水妖怪を忘れてはいけません。
 こちらは特撮版の『悪魔くん』に登場したキャラクターで、第四期のED(カランコロンの方)にシレッと映っていた以外は、今まで鬼太郎と絡んだことはなかったと思います(水木プロ作品である『最新版ゲゲゲの鬼太郎』に「水ころがし」の名前で出ていたものをカウントするか否かは、いろいろと難しいところですし……)。
 今回は、デザインは元のものと少し変わりましたが、ゲゲゲの森に住む危険な妖怪の一体として登場。ただし鬼太郎と戦うわけではなく、あくまで同じ森に住む妖怪同士、共存の関係を結んでいました。

 森の住人として新たに登場したのは、今のところこの四妖怪だけです。
 過去の作品では、このような「異界訪問」のシチュエーション時には、割と大集団で登場しがちだった妖怪達。それが四体というのは、いささか寂しい気もしましたが、今後もどんどん追加されていくと思うので、そちらに期待しましょう。
 まあ、森自体が過去作に比べて相当広大になっているので、まだまだ探検のしがいがありそうですしね。

 さてさて、今回、裕太がゲゲゲの森に迷い込んだのは、かなりレアケースとのことでした。
 果たして今後、同様のことが起こるのでしょうか。
 例えば、まなが後々ゲゲゲの森へ行く可能性は、到底ゼロとは思えないわけですが……?
 もしそれが実現するとしたら、どんな状況下でのことなのか。これまた期待したいところです。


 今週の豆知識
・遠景の一つにあった「妖怪温泉」は、児童書『鬼太郎なんでも入門』で描かれた「鬼太郎温泉」。
・かつてゲゲゲの森を訪れた「寅吉」というのは、江戸時代に実在したとされる少年。仙人(あるいは天狗)に連れられて異界を訪ね、そこで見聞きしたことを、後に国学者・平田篤胤に語っている。……要するに、妖怪マニア向けのネタ。

 来週は電気妖怪ですね。
 次回予告の感じでは、ホラー要素は薄目になるのかな。
 何にせよ楽しみに待ちます。


テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 妖怪 映画 告知 アニメ 妄想少女 水木しげる モンスターハンター リバース;エンド ゲゲゲの鬼太郎 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 二次元名鑑 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 小説雑感 PSP マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! 世紀末オカルト学院 DS 3DS カクヨム 小説 相棒 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ