FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第22話『暴走!最恐妖怪牛鬼』 感想

 開幕からまなちゃんがノースリーブで腕を上げいやそこじゃない。

 今回の原作は「牛鬼」。
 牛鬼は、本来はウシオニと読みますが、鬼太郎作品に限ってはギュウキと読みます。
 自分を殺した者に取り憑いて永遠に再生し続けるという、「鬼太郎」に登場する敵の中でもかなり厄介な能力を持つ妖怪・牛鬼。それを倒してしまった鬼太郎さえも新たな牛鬼となり、もはや事態を解決するすべはなし。目玉おやじ達は最後の希望である迦楼羅様に祈りを捧げる――。
 鬼太郎が別の姿に変じてしまうケースは多々あれど、自我すら失って暴れ回り、生かして元に戻す手段は皆無。しかも鬼太郎を殺したところで牛鬼そのものは倒せない……。そんな絶望的な展開に加えて、牛鬼の迫力あるビジュアルが印象に残る本作は、歴代アニメ版でも定番エピソードの一つになっています。

 余談ですが、原作では80年代マガジン版で、この牛鬼(ただし不死身設定のない別個体)が鬼太郎の味方の一人として活躍していました。
 それまでもモブの味方として登場することはありましたが、鬼太郎ファミリーの一員にまで収まってしまったのは、この「新編ゲゲゲの鬼太郎」~「鬼太郎地獄編」シリーズのみ。
 見た目どおりのパワーファイターで、しかも敵を食べるという、直球な戦法を使ったこともありました。
 まあそれはともかく。

 さて今回のアニメ版。まずは牛鬼というキャラクターの描写が、とても印象的ですね。
 サイズを怪獣然とした巨大さに設定しながらも、夜の嵐という舞台や無表情な鬼面が、牛鬼の妖怪としての不気味さを引き立てていました。
 他にも、透き通った海の底に巨大な姿を見せる初登場シーンや、危機感なく撮影していた観光客をまとめて踊り食いするショッキングシーン。建て物の中で息を殺して牛鬼をやり過ごそうとする人々。その甲斐虚しく見つかって食われる犠牲者……などなど、怪獣スペクタクルとはまた違ったいくつもの演出は、まるでモンスターパニック系ホラームービーを見ているかのようで、とても楽しかったです。
 そして何より、牛鬼が積極的に角を使っている! そういや牛なのに、これまで角突きすることってほぼなかったよなぁ、なんて思いながら、感心して見てしまいました。
 ついでに、鬼太郎に指鉄砲で額を撃ち抜かれた時に、悲鳴やもがきを敢えて出さず、瞳の動きだけで絶命を表現するのも結構好きです。

 そして鬼太郎が牛鬼に変身する際の、グロテスクな域にまで達した恐怖描写。めっちゃ力入ってましたね。
 それ以前に、チンピラ芸能人のジングウジさんが牛鬼になってしまうところもグロめでしたし。これチビッ子は相当トラウマになったんじゃないでしょうか(笑)。ジングウジさん死んじゃって何のフォローもなかったしね。いや、なくて正解なんだけど。
 そういえば第三期をリアルタイムで見ていた園児時代、振り返った鬼太郎の顔が牛鬼になっているシーンで、子供心に本気でビビった記憶があります。
 第四期は恐怖感はあまりありませんでしたが、牛鬼に取り憑かれた社長が変身の予兆として生肉を貪り食うようになるという、面白いアレンジが為されていました。
 各シーズンとも、いろいろと工夫が凝らされていますね。

 さて、そんな牛鬼を足止めするために、たった一人で挑んだのが、我らがヒロイン・ねこ娘。
 次回予告からも予想がついていましたが、今回はねこ娘の主役エピソードという形になりました。
 迦楼羅様に祈る時間を稼ぐため……という名目こそあれど、おそらく相手が鬼太郎だったからこそ、ねこ娘もここまで命を張ったのだと思います。
 最後、迫る鬼太郎の爪を前にしてすべてを覚悟し、化け猫形態を解いたねこ娘。「鬼太郎に殺されるなら本望だ」と言わんばかりに見せた穏やかな表情が、気丈さと健気さを兼ね備えたバトルヒロインとしての彼女の魅力を、遺憾なく発揮していたように思いました。
 だからこそ鬼太郎が助かった後の、今までにない素直なデレっぷりが微笑ましく、そして鈍感な鬼太郎にニヤニヤしてしまうという、いいラブコメ回だったと……あれ、ラブコメ回?

 ともあれ、そんなねこ娘の活躍に加えて、舞台も漁村からリゾートアイランドへと様変わりした、新生「牛鬼」。
 しかしよくよく見れば、ストーリーラインはきちんと原作をなぞっていたことが、はっきりと分かります。
 実際、アレンジ度合いは第五期バージョンの方が遥かに高く、むしろ第六期になってなおここまで原作を踏襲したエピソードというのは、極めて稀。それほどまでに、この「牛鬼」という原作には特別感がある――ということかもしれません。

 ちなみに原作ネタと言えば、恭輔くんのお爺さんのキャラデザと、牛鬼に発砲する警官は、そのまま原作から持ってきた部分ですね。
 一方オリジナルキャラとしては、テレビ局のディレクターが光っていました(いや、ハゲだからとかじゃなくてな)。自分の失態をきちんと受け止め、責任を果たそうとする姿に好感が持てます。大人はかくあるべしですね。

 そんなわけで、とても見応えのある「牛鬼」でした。
 満足。


 次回は、たぶんオリジナルストーリー。
 突然のシネスコ。そして題材は……妖怪アパート?
 妖怪アパートと言えば、原作では砂かけ婆が経営しているアパートとしてお馴染みですが、それとはまた違ったものになるのかな。
 いったいどんな話になるんでしょうか。今から楽しみです。

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 水木しげる 告知 ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ