FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第41話『怪事!化け草履の乱』 感想

 今回の原作は「化けぞうり」。初出は80年代マガジン版で、第三期以降はアニメ化の常連になっているエピソードです。
 化け草履の「いかにも妖怪!」な見た目と、「物を大切にしよう」というメッセージ。やはりこの二要素の分かりやすさが、繰り返し映像化に至っている秘訣なのかもしれませんね。
 原作の化け草履は、打ち捨てられた靴の大群を率いて人間を襲うという役回りでしたが、アニメ版では履き物だけでなく、第四期のように古道具全般を率いているケースもありました。
 で、今回の第六期版では、付喪神達のリーダー格……ではなく、彼らと同等の仲間として登場。その分、性格も親しみやすいものになっていたと、個人的には思います。

 今回は全体的に、ギャグ演出のキレのよさが目立っていました。
 ゴミ箱から巨大な腕が突き出したと思ったらねずみ男だったとか、「そこの懐中電灯、停まりなさい!」とか。
 あと、化け草履のピンチシーンのためだけにぶっ込まれた、取ってつけたような設定の変な芸術家とか(笑)。化け古下駄は、アイキャッチに出てきたと思ったら、ワラアートにされちゃってましたね。そりゃ化け草履さんもブチキレますわな。
 でもって化け草履・怒りの大逆襲! からの、勇夫との再会でしんみり。ここまで強かったコメディ色から一転して、ホロリと泣かせに入るという、ある意味「外さない」回だったと思います。
 冒頭そこそこ元気だった勇夫が、ラストの方で寝たきりになっているというのは、ちょっと時間の流れの速さが「?」でしたが。まあ、気になったのはそこぐらいで、全体的にはテンポよく笑って泣ける良作だったのではないでしょうか。

 今回一番気に入っているのは、湯呑みが自分を「湯呑み」として使ってくれるお婆さんに巡り合って、化け草履達と袂を分かつところ。
 旧作と違って、化け草履が他の道具を操るという設定がなく、全員が同格だったからこそ生まれた展開ですね。
 湯呑みは今作のオリジナルキャラで、言ってしまえば「名もなきモブ妖怪」ですが、このシーン一つで彼はとても強い印象を残したと思います。
 湯呑みよ、お幸せに。


 さて次回は……「妖怪大裁判」!
 大ネタ来ましたね! とても楽しみにしています!
 ではまた。

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 アニメ 水木しげる モンスター ゲゲゲの鬼太郎 映画 告知 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 マキゾエホリック PSP 小説雑感 ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 カクヨム 小説 3DS 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ