FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第45話『真相は万年竹の藪の中』 感想

 今回の原作は、「妖怪万年竹」。80年代マガジン版、通称「新編ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの1エピソードで、アニメ化されるのは今回が三度目です。
 もともとは、竹藪の伐採に怒った竹が人間に復讐しようとする――という、自然保護を教訓とした分かりやすい話でしたが、今回の第六期版では、あらすじを大きく改変。芥川龍之介の「藪の中」にヒントを得て、まさかのミステリー仕立てになりました。
 これは……もし第五期でやっていたら、鬼太郎が名探偵にry

 竹藪で人間が消えるという事件に端を発し、調査のために竹藪に足を踏み入れた鬼太郎の目の前で、次々と変わっていく事件の様相。
 果たして元凶は何なのか――という真相はラストまで分からず、すべてが明らかになった瞬間、万年竹の怒りによって一人の男が竹藪に引きずり込まれ、鬼太郎はそれを冷たい目線で見送ります。
 いやはや、なかなか凝ったストーリーでした。

 ……と言いたいところなのですがね。うん、何で犯人は最後、あんなに得意げに自供しちゃったのかな。
 鬼太郎に「あなたが犯人だ」と指摘され、もし腕の痣を露わにされれば、自分は身の破滅。……のはずなのに、特に誤魔化すでも逃げ出すでもなく、「ああ、やってやったぜ」的に堂々と自分の犯行を認め、悪ぶってみせる。そばには鬼太郎だけじゃなくて、他の人間達もいたはずなのに……(いたよね? なんかいつの間にかフェードアウトしてたけど)。
 いや、これはどうにもいただけません。少なくとも、絶対に自分の犯行が世間にバレないという自信がなければ、犯人がこういう態度を取っちゃいかんでしょう。
 せっかくのミステリー仕立てなのに、ここで急に詰めが甘くなってしまったというか、肩透かしを食らったというか。
 そんなわけで、個人的には生煮え感が強かった回でした。
 次回予告が意味深で結構楽しみでしたし、原作の竹の精をベースにした、いかにも怪しい風貌の奥さん(ただしごく普通の人間)とかも、なかなかツボだったんですけどねぇ。
 ってことで、久々にあっさり感想。


 さて次回は……「麻桶毛」!
 これも新編からですが、何と「石妖」以来の初映像化ですね!
 楽しみに待っています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 告知 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ