FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第51話『閻魔大王の密約』 感想

 鵺編、後半。
 今回は「地獄の四将編」における基本要素――鬼太郎と閻魔大王との間に交わされた約束、石動のバックボーンと目的、「大逆の四将」と謎の黒幕の存在――などなどが明らかになり、俄然面白くなってきたと思います。

 石動を突き動かしているのは、故郷を焼き払われ妹(だったよね、確か?)を殺されたことに対する復讐心。犯人はまだ分かりませんが、四将のうちの最後の一人、もしくは四将の脱獄を手引きした黒幕辺りが定番でしょうか。
 でも黒幕って誰だろう。もうそろそろ、ぬらりひょん様が来てもいい頃合い? いや、分からんけど。
 それにしても……鬼道衆の説明のところで原作の絵が使われた点、ポイント高し。しかし知らない人が見たら、メンバーの中に鬼がいると思ってしまうかもしれません。一応、お面です。あれは。

 その鬼道衆がかつて退治を手がけた妖怪達が、今回の敵となる「四将」とのこと。
 で、一番手だった鵺を見るに……やはり「人間に退治された伝承のある妖怪」が揃う感じですかね。
 これは――うん、やっぱり九尾の狐枠で、チーの登場を期待してしまいます。あるいは四将編で玉藻前が倒されて、その復讐のためにチーが次クールで来日とか。また妄想が捗る。

 ……ああ、ちなみに前回妄想した「トラツグミが本体」というオチは、まったくもって外れていました。ただの戦闘員でした。鳥軍団。
 鵺自体も、実際に退治された時の伝承に基づいて、弓矢であっさり倒されましたね。まあ、原典を見る限り、決して強大な妖怪というわけではないので、これぐらいの強さが妥当だったのかもしれません。
 しかし黒雲をまといながら、電気にも弱いとは、これいかに。

 余談ですが、鵺の物語とほぼ同じ内容の話が、『太平記』にあります。要するに、鵺退治譚の亜種ですね。
 そこで射落とされた怪鳥が、後に鳥山石燕によって「以津真天」と名付けられ、今では妖怪図鑑の常連になっています。
 前回、鵺が鬼太郎作品に登場したのは第五期のみ――と書きましたが、この以津真天にも触れておけば、ちょっと通ぶれましたね。
 ちなみに以津真天も、第五期に登場しました。原作の方では(厳密には「コミック版の方では」と言うべきか)、水木プロ作品である「最新版ゲゲゲの鬼太郎」にも登場しています。

 ……と、薀蓄はこれぐらいにして。
 他にキャラ周りの感想としては――やはりねこ娘ですね。
 実にかっこいい復活になりました。しかしロリモードももっと眺めていたかっ……いや何でもないですはい。

 それと、今期初登場となった閻魔大王。
 過去のシリーズでは、第三期と五期で、鬼太郎の味方として時々登場しました(他のシーズンでは単発ゲスト扱い)。その時は、だいたいいつも鬼太郎が閻魔大王に敬意を払っていたので、今回の挑戦的な態度の鬼太郎はかなり新鮮。
 ……というか、気づいた。六期の鬼太郎、これ中二病や。本来の意味で。

 あと、牛頭の顔が牛鬼だった。ちょっとニヤリ。

 そう言えば、前回は触れ忘れていましたが、新EDが結構気に入っています。
 絵は水木先生の描く地獄感が思いっきり出ていますし、耽美なのに何だかドロッとした感じの歌も素敵ですね。


 というわけで、結構取り止めなくダラダラ書き綴ってしまいました。
 さて次回は……おお、「木の子」だ!
 しかもみやびちゃん主役回だ!
 これは絶対にみやびちゃんの全裸が ←たぶんないから

 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる アニメ 妖怪

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 告知 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ