FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第61話『豆腐小僧のカビパンデミック』 感想

 今回の原作は「豆腐小僧」。80年代マガジン版、いわゆる「新編ゲゲゲの鬼太郎」からの一本です。
 人間の度重なる森林破壊に怒りを覚えた豆腐小僧が、「食べると体にカビが生える豆腐」を使って人間達に復讐しようとするエピソード。……実はこちらも、以前僕が角川つばさ文庫でノベライズさせていただいたエピソードの一つだったりします。
 「自然を大切にしよう」という分かりやすいメッセージに加えて、豆腐小僧といういかにも妖怪らしい見た目のキャラクター、さらに鬼太郎ファミリー総活躍と、とても「入門編」向きのエピソードだったことから、一巻の第一話に選ばせていただきました。
 最後は和解で終わるところも、対象年齢的にはアリだったんじゃないかなー、と思います。

 とは言え、今回の第六期版は原作要素をほぼ抑え、だいぶアニメオリジナルに寄った話になっておりました。
 そもそも豆腐小僧は、アニメの方ではモブの仲間妖怪として何度も顔を出していましたから、それを原作どおりの敵キャラにするわけには行かなかったのでしょう。
 まあ、第三期の「あかなめ」や第五期の「オベベ沼の妖怪」のように、すでに味方として登場していたキャラクターとの対決エピソードが後から映像化された前例もありますから、その辺はシナリオ次第といったところではあるのですが……。
 しかしもう一点、今回の豆腐小僧のキャラ付けを語る上で、知識として押さえておきたいポイントがあります。

 それは何かと言うと――ずばり、本来の「豆腐小僧」という妖怪の変遷ですね。
 まず水木先生の妖怪図鑑を見ると、豆腐小僧という妖怪は、「その豆腐を食べると体中にカビが生えてしまう」という風に解説されています。もちろん「新編」のエピソードも、この特徴に基づいて創られています。
 そして水木先生の妖怪図鑑と言えば、少なくとも90年代ぐらいまでは、「妖怪を解説した本」のスタンダードでした。だいたいどの妖怪本も、水木先生の著書を参考にしていました。ですから、昭和~90年代ぐらいに妖怪に親しんでいれば、「豆腐小僧=カビを生やす妖怪」という説明文が頭の中に残っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 ところが、そこに転機が訪れます。京極夏彦さんの登場ですね。
 京極さんは「妖怪」という概念を語る上で、この「豆腐小僧」を最も分かりやすい例として、様々な場所で挙げられてきました。
 そもそも豆腐小僧というのは、江戸時代の黄表紙(今風に言えば挿絵付き娯楽小説)の中に見られるキャラクターであって、実際に何か伝承があるわけではありません。「体にカビを生やす」という解説は、実は昭和の児童書の中で創作されたものだった――というのが真相だったりします。
 じゃあ本来はどんな妖怪かと言えば……単に「豆腐を持っている小僧姿の化け物」としか解説しようがないんです。
 豆腐小僧は、江戸時代当時は人気のキャラクターだったようで、様々な作品に登場していました。しかし共通項と言えば、上記の「豆腐を持っている小僧姿の化け物」という一点のみ。作品によっては目が一つだったり見越し入道の息子だったりと、特殊なステータスがあったりもしますが、そこは豆腐小僧の本質ではないんですね。
 豆腐を持って立っている――。豆腐小僧にはこの特徴しかないし、この特徴がなければ豆腐小僧じゃない。そして、この特徴さえあれば豆腐小僧は豆腐小僧たり得る。それが「豆腐小僧」という妖怪なのです。

 ……だんだん豆腐小僧がゲシュタルト崩壊気味になってきましたが。
 ともあれ、こうした京極夏彦さんの解説が広まると、各種妖怪本における「豆腐小僧」の扱いも変わっていくようになりました。
 それまでのスタンダードだった「カビ」という特徴の採用率が下がり、「豆腐を持っているだけ」という特徴がクローズアップされるようになったのです。ですから、妖怪に親しみ出したのが2000年代に入ってからという方ほど、前者よりも後者のような、「豆腐小僧=無害キャラ」という位置づけがしっくり来るのではないでしょうか。
 そして、今回の第六期版豆腐小僧もまた、まさにこの2000年代以降の特徴を採用したものだった――というわけです。

 自らのアイデンティティーを「豆腐を運ぶだけの妖怪」と語る豆腐小僧。一見無意味ながらも自分を卑下することのない彼と出会った、地味なアイドル・ニッケルカナは、自分自身の「意味」を見つけるため、豆腐小僧とともに行動し、親交を深めていく……。
 言ってしまえば、豆腐小僧が無害だからこそ成立するストーリー。さすがにそんなところへ、原作どおりに怒った豆腐小僧がカビを撒き散らかすわけにも行かないので(笑)、ここは「妖怪カビ」なるアニメオリジナル妖怪(?)&ねずみ男にご登場いただいた――といったところでしょうね。
 タイトルが「豆腐小僧のカビパンデミック」なので、いかにも豆腐小僧が何かやらかしそうでしたが……まあ、ここは原作の名残でしょう。

 話自体はギャグ寄りかつ緩やかで、第六期としてはおとなしめ。
 数少ない原作要素の一つだった天井嘗めが、いい味を出していました。
 第二話でちょっと出たテキトーな名前のアイドルがここへ来てフィーチャーされたのは驚きましたが(笑)、そういえばチャラトミさんも同じような感じで主役になりましたし、今後もそういう意外な人間キャラの再登場はありそうですね。
 ……再登場と言えば、チラリとだけ出ていた夏美さん。ご健在で何よりです。


 ということで今回はここまで。
 次回はいよいよ「血戦小笠原」かな……と思っていたら、そうか、ここで四将に戻るのか。
 はい、黒坊主です。果たして原作要素は残っているのでしょうか。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター 映画 アニメ 告知 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ