FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第72話『妖怪いやみの色ボケ大作戦』 感想

 キマシタワー

 今回の原作は「いやみ」。サンデー版のエピソードの一つですね。
 いやみの力によって色ボケになった鬼太郎とねずみ男が、拉致してきたJSを巡ってバトルする――という、たぶんご時世的に原作そのままじゃ放送できない気がするお話です。
 ちなみに第三期では、当然JSポジションはユメコちゃんでした。
 なので今期はまなちゃんか……と思いきや、集中砲火を浴びたのはねこ姉さんの方。でもってまなちゃんもねこ姉さん狙い。キマシ

 なお原作について補足すると、いやみは上記の他に、「雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎」シリーズと「鬼太郎霊団」シリーズにも登場しています。
 特に「霊団」の方は、初出が大人向けの雑誌だったこともあって、かなりアダルトな内容。特にいやみが引きつれていた美女軍団の下品な技の数々がスバラシかったです。詳細は、下品なのでここでは書けません。男根砲とかな!

 でまあ、改めてアニメの感想なのですが――。
 いやぁ、楽しかったです。奇を一切てらわない、ストレートな笑いが来るコメディ回でした。
 鬼太郎ファミリー男衆+まなちゃんの総色ボケ化(一反木綿だけ通常営業)という圧倒感。目玉おやじがまなちゃんの頭に乗ってふやけてるのもアレでしたが、それよりぬりかべ。何でめっちゃ男前になっとるん(笑)。
 でもって、ねこ姉さんを主軸とした上質なラブコメ回でもあり、時折描写される彼女の心象風景や、デートに挑む時の素直な姿が、とても可愛らしかったです。
 あとキマシタワーな。これ絶対外せないから。

 なお鬼太郎とねずみ男のバトルは、JSならぬJKを巡って一瞬だけ発生。
 さすがにJSはまずかったのでしょうか。まあ、まずいと言えば、原作での拉致も今回はナンパに改まってましたからね。さすがにそこは、いろいろとね。うん。

 一方いやみの方は、原作にあった「人の楽しみを食べる」という要素はオミットされ、イロ気を振り撒くのが目的の妖怪に改変されていました。
 しかし首が外れてからの本体登場は原作どおりでしたね。
 腕を伸ばすのは、原作では人間態の時に使っていた技ですが、今回のアニメ版では本体に変わってから使用。そして、原作で弱点として描写されていた肝心のキン×マが見えないなーと思っていましたが、見えないだけでちゃんと付いていたみたいでよかったです。
 見えんけれども(キ×タマは)おるんだよ。

 そんなわけで、とても面白かったです。
 あとキマシタワー ←もういちいち消さない


 さて、次回は……「やまたのおろち」!
 これも鬼太郎シリーズ以外からの映像化ですね。第二~四期まで映像化されてきた定番ネタですが(四期は原作と関係ないストーリーでしたが)、今回はどうなるでしょうか。
 果たして呼子は今後レギュラー入りできるのか。 ←これが一番気になる
 ではまた次回!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター アニメ 映画 水木しげる 告知 ゲゲゲの鬼太郎 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ