FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第74話『地獄崩壊!?玉藻前の罠』 感想

 何このメガネ秘書かわいい。

 今回はオリジナルストーリーの前編。
 玉藻前=九尾の狐は、言わずと知れた超メジャー妖怪ですね。鬼太郎作品では、やはり何と言っても「妖怪反物」で有名……なのですが、この「妖怪反物」に登場する九尾の狐・チーは、玉藻前の弟という設定。かつて日本で倒され殺生石と化した姉の復讐を果たすべく、中国妖怪を引き連れて日本に襲来した強敵でした。
 この他、原作では「太古の秘密」というエピソードにも、九尾の狐が登場します。こちらは弟ではなく姉そのもの。ちなみに、割とアダルティな内容です。

 そんな九尾の狐ですが、「妖怪反物」と関係のないエピソードで、しかも玉藻前本人がアニメに登場するのは、何と今回が初。大逆の四将、その最後の一人としての強敵ぶりを、すでにいかんなく発揮してくれています。
 しかも原典に忠実に、国家のリーダーを惑わして世に動乱を引き起こすという、狡猾な面が強調されています。作中での日本国総理は女性ですが、代わりの他国の首脳陣を色香で操って、日本を孤立させた上で戦争を仕掛けるという邪悪っぷりでした。

 その敵対国である「A公国」は、具体的なモデルがイメージできないように、曖昧な形で描写されていましたね。B国は間違いなくアメリカなんですが。……米国だけに。
 しかし「そんなに予算があるなら自分でやれ」は酷いですね。現状、日本の防衛費が不足してるってのは有名な話なんですけどね。
 ともあれ、今の国際化社会において、他国との連携は国防の要。玉藻前が謀ったのは、その連携を削いで日本を丸裸にしてしまう――という、極めてリアルな作戦でした。
 一方リアルでないのは、A公国の戦略ですね。今時の戦争は、まずサイバー面から攻撃を仕掛けて、相手の反撃を封じてしまうのが基本だそうです。まあ、本気で侵略するつもりなら……ですが。

 さて、この戦争騒ぎにどう決着をつけるのか。
 また、閻魔大王すら敗北に追い込んだ九尾の狐を、鬼太郎達はどう攻略するのか。
 そして、妖怪の魂を取り込みすぎて肉体の限界に達しつつある石動の運命は……ってか、この人やっぱり地獄先生向きのキャラだわ(笑)。
 どれも次回のお楽しみ。

 ってことで、今回は前編のみなのでここまで。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 モンスター アニメ 映画 水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 告知 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ