FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第92話『構成作家は天邪鬼』 感想

 今回の原作は「天邪鬼」。60年代マガジン版からの、お馴染みの一本です。
 ひねくれ老人によって封印を解かれ復活した妖怪天邪鬼が、人々を不幸にすべく老人とともに悪事を繰り返し、鬼太郎が事件解決に乗り出す――というオーソドックスなストーリー。
 過去には一期、三期、四期でアニメ化されましたが、やはり一番強く印象に残っているのは、四期の「復活!妖怪天邪鬼」ですね。昨年のゲゲゲ忌の上映会で久々に堪能いたしました。

 さて今回の第六期バージョンは、人間側のゲストをひねくれ老人からテレビ局のディレクターに変更。天邪鬼の悪事の舞台も、いわゆるドッキリ系のバラエティ番組に置き換わり、人気番組として毎週全国にオンエアされるという大規模なものになりました。
 もっともこの番組、被写体側の同意は天邪鬼の脅しによって得ていたという悪質なもので、鬼太郎も原作と違って素直に事件解決に乗り出します(原作では、最初の被害者が富裕層だったことから、鬼太郎が自分の予定を優先して、解決依頼を拒むという描写がありました)。
 しかし鬼太郎に諭されたディレクターの奥田さんは、視聴率が取れるなら倫理違反もやむなしと、制作を続行することに……。この辺り、実際の番組制作現場でも似たようなことになっているのかもしれませんね。

 昨今はどうだか知りませんが、この手の「一般人相手に悪戯を仕掛けるバラエティ番組」は、僕が小さい頃はよくあったような気がします。よくあったということは、それだけ視聴率が取れたのでしょう(もちろん、不快であるという声も少なからず上がっていましたが)。
 こういった視聴率重視&倫理軽視の姿勢は、やはりテレビ局の体質として、今も変わっていないように思えます。バラエティ番組はもう見ていないのでよく分かりませんが、報道番組なんかは相変わらず酷いようですね。
 例えば鬼太郎絡みの話題で言えば、以前水木先生がお亡くなりになった時の報道。ご家族が号泣している声を家の外から(おそらく無断で)録音して、それをオンエアに流すという……。あれはテレビを見ていて本当に不快になりました。

 ともあれ、こういったテレビ局の体質に対する皮肉として作られたのが、今回のお話と言えそうです。
 脚本を書かれたのは、以前「皿小僧」の回も担当した伊達さん。←名前覚えた
 芸能関係ネタといい、奥田ディレクターの家族の描写といい、確かに「皿小僧」の時と共通する空気を感じました。人間が鬼太郎の忠告を無視して、「やってはいけない」と言われていることを続けてしまうという部分も重なっています。
 しかし一方で、その結末は大きく異なりました。「皿小僧」のビンボーイサムが家族よりも自らの欲求を優先し身を滅ぼしたのに対し、今回の奥田ディレクターは、息子の言葉から自らの過ちに気づき、天邪鬼に立ち向かいます。片やバッドエンド、片やハッピーエンドと、両者は共通項を持ちながらも対極にあるエピソードと言えるのではないでしょうか。
 「皿小僧」はその後味の悪さがいい意味で印象に残りましたが、今回の「天邪鬼」のハッピーエンドも気持ちのいい終わり方でした。
 高視聴率に歓喜しながらも天邪鬼の暴走に罪悪感を抱えていた奥田が、子供の言葉によって本心を取り戻すという展開も気持ちよく、風刺もしっかりと生きていて、なかなかの良作だったと思います。


 というわけで、今回はここまで。
 次回は――お、「まぼろしの汽車」ですね。
 吸血妖怪絡みということは、そろそろ西洋妖怪側の動きもあるのでしょうか。楽しみにしています。
 ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 アニメ 水木しげる モンスター ゲゲゲの鬼太郎 映画 告知 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 PSP 小説雑感 マキゾエホリック ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 3DS カクヨム 小説 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ