FC2ブログ

ゲゲゲの鬼太郎第6期・第96話『第二次妖怪大戦争』 感想

 最終回三部作、その2本目。
 鬼太郎を総理に殺された悔しさから復讐心に燃えたねずみ男と、実は密かに朱の盆と通じていた邪魅の号令により、ついにゲゲゲの森の妖怪達が人間と戦争を始めてしまう。一方ぬらりひょんはねずみ男に、「鬼太郎をおかしくした元凶」としてまなを殺すよう命令。さらに用済みとなった西洋妖怪達を始末しようとするが――。

 というわけで、鬼太郎不在のまま、事態が大きく進展しました。
 アニエスとアデル、石動と伊吹丸、ついでに閻魔大王といったこれまでのキーパーソンが次々と再登場し、まなを中心に、鬼太郎復活に向けて動き出します。
 しかしそれよりも大きかったのは、やはり何と言っても西洋妖怪でしょう。
 ぬらりひょんに一服盛られて苦しみ出したベアードが、部下三人を吸収し妖力を暴走させ、大爆発の危機を迎える――。いきなりの展開ですが、さすがはベアード、転んでもただでは起きないと言ったところでしょうか。この辺は第四期妖怪王編での完全敗北と違って、面目躍如の感があります。

 もっとも、ヴォルフガングら三人と鬼太郎ファミリーとの決着がつかなかったのは、個人的には残念ですね。
 純粋なパワーファイターのヴィクターはともかくとして、満月の夜には不死身となるヴォルフガングと、胸を撃ち抜かれても再生するカミーラ。この二人を鬼太郎や仲間達がどのように攻略していくのかは、一つの見所になるだろうなと思っていたんですが。
 結局最終回三部作で再登場したものの、日本妖怪との絡みもろくにないまま退場になってしまったのは、物足りなさを感じました。
 ……やはりベアード復活阻止編として「血戦小笠原」を年末辺りにやって、そこでひとまず西洋妖怪幹部勢との決着をつけておくべきだったのでは。で、敗れて城でくすぶっている幹部達にぬらりひょんが接触して、ついにベアードが復活する――と。まあ、これは僕の願望込みの意見ですが(笑)。

 ともあれ暴走してバルンガみたいになったベアードは、宇宙から変な汁を大量に降り注がせ、いずれ爆発して地球を壊滅させようとする迷惑な代物に。
 これはぬらりひょんにとっても想定外だったようですが――しかし動じませんな、このお方。この点、五期までのコミカルさを併せ持っていた旧ぬらりひょんとは大きく違うところです。
 一方で、今期ではできる子っぷりがすごかった朱の盆が、今回は終始役に立っていませんでしたね。
 ぬらりひょんがねずみ男に銃を突きつけられても何もせず、ベアードの暴走に慌てふためき……といった感じで、ちょっとパワーダウン気味でした。次回、彼に見せ場はあるのでしょうか。

 そう言えば、「この戦争がすべてぬらりひょんの筋書きどおりだった」という事実は、ねずみ男を我に返らせる要因として機能しただけでしたね。ゲゲゲの森の妖怪達を説得するのは、鬼太郎ファミリーの役目になっていました。
 あとねずみ男は、大同盟の中でもっと狡猾に立ち回れるかと思ったんですが、案外直情的でした。この点、原作のねずみ男よりも素直な性格のようです(笑)。
 
 そんなこんなで、いよいよ佳境に入ってきた上での――次回はついに最終回!
 果たして鬼太郎達は、この事態をどう解決するのか。そして、妖怪と人間、両者の関係はどのような結末を迎えるのか。
 楽しみにしています。ではまた!

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる 妖怪 アニメ

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

妖怪 アニメ 水木しげる モンスター ゲゲゲの鬼太郎 映画 告知 妄想少女 モンスターハンター リバース;エンド 異世界妖怪サモナー ポケットモンスター 多元宇宙 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 マキゾエホリック PSP 小説雑感 ウルトラマン ボードゲーム オーク先生のJKハーレムにようこそ! DS 世紀末オカルト学院 カクヨム 小説 3DS 相棒 小説家になろう 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ