幽霊VS天狗

 最近「オカルト学院」に刺激されて、息抜き時間中に怪談サイトを覗いてたりします。
 で、いろいろな体験談やら都市伝説やらを読んでいるわけですが、やはりどうしても目立つのが「幽霊」。例えば「どこそこでこんな奇怪な出来事があって、調べてみたら過去にここで殺人事件があって……」という具合に、行き着く先は何でもかんでも幽霊です。
 逆に最初から行き過ぎてしまって、「どこそこで奇怪なことがあったから、過去にその場所で人が死んでいるんじゃないかと思って調べてみたら……」なんてパターンも。これはもう、体験者が初めから、奇怪な出来事の原因は幽霊だと決め付けてしまっている例。
 正直なところ、芸がないなと思うのです。もっと酷くなると、「顔のない男の幽霊」なんてのが出てきたりする。あなた、幽霊ってのは所詮人間なんだから、顔がなかったら明らかに幽霊じゃなかろうと。むしろのっぺらぼうだし、小泉八雲的には狢ですよ。獣に化かされてるだけですよ。
 しかしまあ、獣より死者が採用されてしまう辺り、それだけ幽霊というものが、今の日本人にとって信憑性のあるものになっている証拠なのでしょう。たとえ幽霊の存在を信じなくとも、作り話としての怪談が幽霊オチで終わることに、違和感を覚えない人が大半なのではないでしょうか。

 ところで……「奇怪な出来事の原因」といえば、ネット上の流行り言葉に、こんなものがあります。
 
「天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!」

 これ。原因不明の事件が起きた時に、ちょくちょく貼られる文です。
 もちろんこれを貼っている人は、十中八九冗談で言っています。本気で天狗の仕業だとは思っていません。
 ところが、ここで気付かれた方もいるかもしれませんが……実は信憑性云々を無視すれば、怪事件の原因を何でもかんでも幽霊に求めるのも、何でもかんでも天狗に求めるのも、やっていることはまったく同じだったりします。

 いや、冗談抜きにしても、昔は山中で正体不明の笑い声が聞こえたりすると、天狗の仕業とされてきました。今では、どうでしょう。例えば車で山道を走っている最中、誰もいないはずなのに、謎の笑い声が聞こえてきたりしたら――。
 体験した人が(もしくはその話を、人伝やネットで見聞きした人が)今の日本人なら、ほぼ「幽霊だ!」と思うことでしょう。というのは、その人が「天狗の存在を信じる」というコミュニティの中にいないから。そして、「幽霊の存在を信じる」というコミュニティの中にいるから。
 怪異の原因というのは、このような形で決められていくものなのです。
 どのみち幽霊にしろ天狗にしろ、そういう意味では同列ですね。お化けですから。狸でも狐でも妖精でも宇宙人でも、何でも同じです。結局起きた事件は一つだけ。我々はその正体を、自分達の文化に合わせて、勝手に決めているだけなんです。
 ――で、何が言いたいかというと。

 この季節、怖い話を聞いて怯えている人は、それが全部天狗の仕業だと思ってみてください。
 すげー気が楽になるから。
 

テーマ : 妖怪
ジャンル : サブカル

tag : 妖怪

お知らせ
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

モンスター 映画 告知 妖怪 妄想少女 リバース;エンド モンスターハンター 異世界妖怪サモナー アニメ 多元宇宙 ポケットモンスター 闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! 二次元名鑑 小説雑感 PSP マキゾエホリック ボードゲーム ウルトラマン DS 世紀末オカルト学院 3DS 相棒 小説 

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ